YoU太郎のバス釣り研究所

YoU太郎のバス釣り研究所

どうすればブラックバスは釣れるのか?そんな道楽探求とタックルインプレのブログです。

本物は生き残る!エスケープツインのインプレッション

コンニチハ。

研究所のYoU太郎です。

 

順調に報告書の更新が出来ています。
この歳になって、何事も続ける事が上達の秘決だと痛感してる次第です。
このままバスフィッシングの探求を続けて行きたいと思ってます!

さてさて、今回の研究報告はワタクシYoU太郎が人生で1番デカバスを釣ってるかもしれないエスケープツインのインプレをお届けしたいと思います!

 

f:id:wwwyoyoyowww:20170520225736j:plain

 

スペック

レングス : 4.5inch
重 量 : 11g
タ イ プ: ホッグ
ボ デ ィ: 細身
テ ー ル: ビッグツインパドル
フ ッ ク: オフセットフック#2/0〜#3/0

 

 

エスケープツインの重さも注目して頂きたのですが、なんと自重が3/8ozクラスです。

なのでカバーにノーシンカーをタイトに入れたい場合でも普通のベイトタックルでもアプローチの煩わしさは皆無です!!

 


比較的大きい部類に入るワームかと思われたでしょうか?

大きいルアーは釣れにくく嫌煙しがちなアングラーの方も多いかと思います。

しかし、このサイズ感からくるマッチザベイトと騙す力がこのワームの最大の特徴だと思ってます。

そして、実際にデカバスがこぞって騙されて口を使い、実績が高いからこそ売れ続ける“本物”なのではないでしょうか?

 

 

ちなみに…
このワームはかなりロングセラーアイテムなのでYoU太郎ごときが今更しょーもないうんちくを垂れても恥ずかしいだけなんですが、伊藤巧パイセンの活躍もあってか売切れ続出の超人気有名ワームになりました。


そこで、今までエスケープツインを使った事が無い方、知らなかった方もいらっしゃると思い、改めてレポートを提出させて頂きます。
参考になったよ!いいね!とご評価下さいましたら、下の方にある星印をクリックして頂けるとやる気が出ます!!

 

 

強さと弱さがひしめき合うボディ

パッと見て目を引くのは大型のツインパドルです。

かなり肉厚で重厚感があり、いかにも沢山水を動かしてくれそうなテールがかなりハイアピールなワームではという第一印象ですよね!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

しかし、実際に動かしてみるとただただ強いワームというわけではありません。

ツーン

ツーン

と、水を抜きながら動く姿はまふでスティックワームをオフセットフック純着けしたかのようなスライドアクションです。

 

 そこに隠されたギミックを紹介していきたいと思います!

 

特徴 その1 強波動ツインパドル

デカイ…存在感あるな…ザリガニ…などなど、ワーム自体の形状とボリュームにインパクトがあるので色々とイメージが膨らむと思います。

 

ワーム自体のバランスを見てみると、細身で張りのあるメインボディに対してかなり大きなパドルが2枚付いてます。

 

大きな2枚のパドルテールが水を動かした際に発生するバイブレーションをボディに伝え、ボディもしっかりバイブレーションし、波動を産みます。YoU太郎的にはカバーで際立つ強波動タイプワームに分類しています。


細身とは言え結構張りのあるボディをバイブレーションさせるだけの強力なツインパドルテールという事ですね!

 

マテリアル、ボディの形状、テールのボリュームから、見た目は大胆なワームと捉われがちですが、どこが欠けてもいけない繊細なトータルバランスで成り立ってるという事です!

 

パドルテールワームやホッグワームの事を知り尽くしたようなスペシャルな方々が集まって、長い期間をかけて作り込んだ賜物です!

ティファ時代のものより現行品は柔らかくなっており、今の日本の環境に適したマイナーチェンジをしながら長い年月市場に残り続けたと言うことは、本当に釣れるワームと言うことです!

 

そう言うことですよ!

 

 

特徴 その2 リグを選ばないフォルム

さらにお気に入りなところは、何と言ってもリグを選ばないところです。
ノーシンカー良し!ライトテキサス〜ベビーテキサス良し!ヘビダン良し!ラバージグトレーラー良し!と、比較的どんなワーミングもこなしてしまいます!

そこにはパドル系ワームならではのギミックがあり、テールではしっかり水を動かすものの、細かい抵抗になるパーツがほぼ着いていないので実はすり抜けが良く、水を逃す事が得意なのです!

 

どういう事かと言うと、ボトムバンプハングオフなどをした時、動き出しにテールが曲がり水を掴んで動かします。

 

さらに湖底に着いた時、ツインパドルテールが開いて閉じるという動作をし、ここでも水を掴んで動かします。

動き出しと終わりにはたくさん水を掴みますが、動いている最中は水を逃がしながらスティックワームのようにツンっとスライドします。

 

こういうギミックが盛り込んであるので、ノーシンカーではスティックワームのように艶かしくスライドします!

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 


テキサスでカバーを打てばスルスル入り、カバー内で誘えばテールがアピールしてくれて、回収時は引っかかるパーツは殆ど着いていないのでサクッと抜けてきます!

 

実は、ボディに着いてる小さいピロピロ足と、テールの触覚もゆらゆらピリピリしてワームを見つけた魚に対してナチュラルに誘いますから、見切られにくいんです!!

 

YoU太郎的にはパドルの整流効果によってあまり回転しないのでスティックワームのようにノーシンカーで使う事が多いです…

 

当然、トレーラーやリアクションヘビダンにも相性いいですし、普通にズル引きしても小石や凸凹でモゾモゾ誘ってくれてます。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20170520225429j:plain

 

パーツが大きいので、アクションも大味だと思われがちですが、魚の反応を見ると確かに釣れるアクションなんだと感じざるを得ないでございます。

特徴 その3 自重… 

ワーム単体で11gあります…
かなり重量級ですよね…

 

しかし、これがノーシンカーやライトテキサスで使った時、ガチムチのジグロッドでキャスティングしなければならない時や、マットの隙間に滑り込ませないといけない時にキャスティングが決まりやすいんです!

ベイトタックルで使用するのが前提のワームなので、キャスティングが決まりやすいと言うのは大事な性能だと思っています!

 

さらに、このワームの最大の特徴である水を動かすのにスライドするという相反するギミックを盛り込んでいるので、ノーシンカーやライトテキサスで使うこともしばしばあります。
具体的に言うと、3.5gまでのライトテキサスがスライドアクションが出やすいシンカーウエイトです。


本当に上手い人はこれを竿さばきで5gくらいまで出来るそうですが、自分には無理でした…(´;ω;`)

 

まとめ

 

結局言いたいことをズラズラ並べて何が言いたいのかわからないような内容になってしまいましたが、要はスーパーロングセラーはなぜ残り続けるのかと言うことですよ!

 

そう言うことですよ!

 

水中でバフッと水を動かし、魚から発見されたらツンっと逃げるようなアクションをイメージしながら使ってあげると劇的に釣果が伸びると思います!!

 

個人的にこのワームの必殺技として使うのが、ライトテキサスのスイミングです。
スイミングスピードが、あるスピード域を超えるとテールがバタバタ暴れ出します。
それくらいのスピードでシャローフラットを巻いてるとズゴーーーーンとバイトが入る事が多々あります。

 

 

 

 

と、言うことはですよ?
このワームをバスはザリガニと認識してるとは限らないというです!
人から見たらザリガニワームなんですが、スライドアクション中はザリガニと言うよりもベイトフィッシュに近い動きです。
つまりは、使い手によって様々な生き物を演出できるんです!
このワーム、ペテン野郎です。

 


正直、ドライブクローみたいな自発的に動くタイプのワームではありません。
しかし、速いスピードでストンと落とす事でバイトを誘発することを覚えるとこの手のワームの幅が広がると思います。

自発的に動くワームしか釣れる気がしないと思ってる方に是非、使い込んで頂きたいです!

 


やり続ければ結果は必ず着いてくる!そう言うことですよ!

f:id:wwwyoyoyowww:20170520225615j:plain

keep casting!!
そう言うことですよ!


ではではー