YoU太郎のバス釣り研究所

YoU太郎のバス釣り研究所

どうすればブラックバスは釣れるのか?そんな道楽探求とタックルインプレのブログです。

全ての釣りに対応するロードランナーヴォイスのインプレッション

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

YoU太郎はロッドをノリーズのロードランナーシリーズで揃えています。

f:id:wwwyoyoyowww:20170704071715p:plain

きっかけは田辺哲男師匠との出会いです。

いや、当時は本当にお会いしたわけではなく、雑誌やDVDを見て自分の釣りへの考え方が180度代わりまた。

 

最近は伊藤巧パイセンや地方のスタッフの方々へのサポートに力が入っていて、メディアに露出する機会が多くなりました。

 

この研究所でも『ロードランナー インプレ』とGoogle検索をして辿り着いた方が結構いらっしゃります。

 

なので、今回はYoU太郎が持っているロードランナーの簡単なインプレッションをお届けしたいと思います。この中に気になる番手が含まれていれば、詳細の報告書を作成いたしますので、ご一報いただければと思います。

 

 

LTT650MH

 

レングス : 6ft,5in

パワー : MH

テーパー :Fast

ライン : 10〜16lb

ウェイト :3/16~5/8oz

ティップ径 : 2.2mm

バット径 : 10.1mm

自重 : 177g

グリップ :220 mm ストレートグリップ

 

LTTシリーズをはじめて手にしたのがこのモデルです。

旧オリジナルシリーズと比べると、最近の軽量型リールを乗せたときに最高のバランスになるよう設計されています。

 

このLTT650MHは、1/2ozのルアーがベストマッチです。スピナーベイト、スイムジグ、フルサイズクランクベイトなど、常にラインテンションをかけているようなリーリングの釣りに適しています。

YoU太郎的にはビッグミノーなんかもやりますし、ライトテキサスもまかなってしまうので、ノーマルギアのメタニウムに14lbフロロと合わせておいて、ボートデッキを組むときのロッドとロッドの間を埋めるスーパーサブ的なポジションにあります。

今後、もっと軽いルアーへの適正を検証していきたいです。

 

 ちなみに、旧モデルとの違いはバランス的なものと、少しシャキッとしたかなという程度で、ほとんど違いはありません。旧モデル発売当初と比べてリールがロープロ軽量化され、それに合わせて調整した感じです。

手持ちのリールが07メタニウムMgより新しければLTTという選択は大有りだと思います。逆に、コンクエストなどの重量級のリールで組むのなら、わざわざ買い換えなくても.....と思います。