YoU太郎のバス釣り研究所

YoU太郎のバス釣り研究所

副業でサラリーマンやってますが、普段は研究所でバス釣りの研究をしてます。お気に入りタックルのインプレと釣行記録のブログです!

【ランキング】スピニングで使うスモラバ用トレーラー【5選】

コンニチハ!

 

研究所のYoU太郎です。

 

YoU太郎はスモラバが好きです。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725210727j:plain

なんの告白でしょう…??笑

 

手頃なサイズ感に中層フワフワもボトム系もそつなくこなすスモラバってとても使い勝手の良いリグだと思います。

 

そんなかわいいかわいいスモラバちゃんに合わせるトレーラーに関する考察をまとめました。まずはスピニングで使うスモラバとトレーラー編。

 

ちなみに、YoU太郎のいく場所には硬いロッド+PEでジグを直結するようなヘビーな場所はありませんので、今回パワーフィネスは除外とさせて頂きます!

 

それではー!

 

いってみましょーう!

 

 

【もくじ】

No.1 ドライブクロー

誰でも知ってるドライブクロー。

 

スピニングで使う場合のサイズは2インチが殆どです。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725211306j:plain

ワームの特徴として、逆向きに着いた足や、水を攪拌する大型の爪、さらにフワフワユラユラ漂う4本の触覚が付いています。

 

沢山の波動を出していかにも釣れそうなフォルムですね。

 

YoU太郎的にはこの沢山付いているパーツは様々な波動を出してくれる他に、ウィードや岩などの障害物に絡みついてくれる所が気に入ってます。

 

ハングオフで飛ばし過ぎない。

 

ウィードにもたれかかりながらゆっくりナチュラルに落ちていく。

 

渋い時こそ頼りになるトレーラーです。

f:id:wwwyoyoyowww:20180803214332j:plain

どうですか?この佇まい。

 

ボリューミーだけど一口サイズですよね?これが、スモラバが釣れる最大のギミックであり、スモラバの良さを最大限引き出すのがドライブクローです。

 

爪をボヨンボヨンさせながらフォールする姿も健気でかわいい!

 

エクセレンッッ!!!

 

No.2 シュリルピン

ノリーズの伝説のワーム、シュリルピン。

 

釣れすぎて釣りが下手になる危険性があるので、YoU太郎はしばらく封印してます。初心者に絶対釣らせたい時とか以外は持ち出しません。笑

 

エビっぽさとゴリっぽさを合わせ持ったありそうでないワーム。

キャロやダウンショットにも使いやすく、十字断面を持ったテールが意外と強くピリピリ誘います。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180731100755j:plain

スピニングでは4インチも使いますが2インチの出番が多いです_(┐「ε:)_

形状的にツルンとカバーに入るので、できればカバーにスモラバを入れる時に使いたいトレーラーです。

 

さらに、宙吊りでの姿勢も良いので完璧です。細身で食べやすく非の打ち所がないです。あ…パッケージの汁漏れくらいかな…笑

 

No.3 スイングインパク

スイミングさせたり、フォールで反応がある時なんかはこれですよね。

 

深いリブに細いボディが印象的で、見た目からは想像出来ないくらい魚を引っ張ります。

 

スピニングなので、2.5インチを使います。

 

軽めのシンカーでもテールがよく動き、ウィードの上っ面をフワーッと探るのにとても適しています。

カラーも優しい透明感のあるカラーが多いので、ウィードが沢山生えてるクリアな水質ではこれで決まりでしょう_(┐「ε:)_

 

さすがはケイテックです。

 

No.4 リトルコンポジットツイン

岩盤エリアを落とし込んでいく時なんかは出番があります。

f:id:wwwyoyoyowww:20180731094342j:plain

出来ればしなやかなロッドに合わせて少しミドストするように、岩盤からあまり離さず落とし込むようにする時、意外と移動距離が少ないこの子は優秀です。

 

スモラバと合わせる事でほとんどアクションしません。スーッと落とし込むことによって反応する魚がいる事を教えてくれたトレーラーです。

 

なるべくボトムから離さないように丁寧に誘ってあげるのがよろしいです。

 

 修行川でもピンで数カ所こいつを落とし込みたい場所がありますが、その為にリグるのがもったいない…ので最近は出番をドンキーブーに奪われつつあります笑

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180804230500j:plain

が、なくてはならない存在です。しかし、もう廃盤になってしまってるのでしょうか?カタログ落ちしてます。気になられた方はお早めにお求め頂いた方が良いかもしれません。自分はたんまりストックしてますが、ストック切れの恐怖とF-ecoモデルも沢山ストックしておけばよかったと後悔してます。

 

 

No.5 ゲーリーシュリンプ

これが無ければいけない時が必ず来る。

 

1.8gくらいまでのウェイトならスモラバトレーラーにつけて水平フォールで誘え、ボトムに着いてからは僅かな水流で手足がほんの少し揺らめく。

 

放置する時や、フワフワーっと中層を泳がせるとかなにかと使い勝手が良い。

 

ダーク系カラーを家の中で扱う時は、家族にゴキブリと間違われないようにする注意が必要です。

 

何かと迷ったらとりあえずバッグに詰めるワームです。

使える奴なので、バンバン消費してしまって珍しく手持ちのストックは常に無い状態に…_(┐「ε:)_

 

 まとめ

YoU太郎のスピニングでのスモラバが結構中層を泳がせる事が多いことから、使ってるトレーラーに偏りがあるように見えますね…

 

参考になるかはわかりませんが、ランキング的な記事を書いてみたかったのでやってみました!

 

次回はバイトフィネスで使ってるトレーラーをご紹介していきたいと思います!!!

 

ではでわー 

 

 

7月30日修行川釣行

コンニチハ!

 

研究所のYoU太郎です。

 

台風はいずこへ???

 

関東地方はあまり被害はでてなさそうですが、西日本では危険な場所もあるようですね。気をつけて下さいと言ったところで何にもなりませんが、あまりに荒れてる場合は少し我慢をして撤退した方が賢明かもしれませんね。

 

生きていれば釣り日和の週末なんてこれからたくさん訪れるのですから。

 

それでは、大雨の影響で増水した修行川の様子が気になり、雨の恩恵を受けて釣れるかなと思い少し出撃してきました。

 

結果としては3ひき。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180730203259j:plain

20cmくらいのかわいい子供たちが遊んでくれました。

 

1匹目はシャッドの高速ジャーク。

 

写真はとっていません。なぜか?この時は余裕でパカパカつれると思ってたから小さいやつは写真とらん!なんてバカなことを考えてました。

 

ルアーはスーパースレッジ。

2匹目は写真のドンキーブーの5gリーダーレスダウンショットのボトムでのスイミング。

3匹目にクロステールシャッド2.5インチの1.8gダウンショット。

f:id:wwwyoyoyowww:20180730203635j:plain

リーダーの長さは10cmくらい。

かんかん照りが続いた後の大雨だったので、当然雨の降り出しは活性が上がったのでしょうが、その後、3日もたてば水温もガンッと下がって流れも強く魚としても疲れた体を守るために流れの遮られるような場所に避難してるようでした。

 

そこへアプローチするには流心の向こう側へキャストしなければならず、さらに流されるラインをコントロールしながらリグを操作してやらなければならず、なかなか難しい展開でした。

 

コントロールしやすい位置は草ボーボーで入ることができず(YoU太郎虫キライ)いい位置どりが出来なかったのが敗因かなと…

 

結果的に以前の釣行と変わらずなかなかのタフな修行になりました。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

この水量が少しずつ落ち着いて、流れと淀みがはっきり別れたらトップウォーターパターンもありですね!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

あと、この時期はやはりローライトを味方に付けないとタフな時間帯は厳しいですね。

 

まだまだ修行が足りないです。

 

台風の影響は心配されるところですが、安全第一で頑張ります!

 

 

ではではー

【終章】灼熱のタフタイムを乗り切るフィネスローテーション

コンニチハ!

 

研究所のYoU太郎です。

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

長いこと続いた夏場のタフタイムにおけるフィネスリグ特集でしたが参考になりましたでしょうか?

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180724190111j:plain

皆さんにとって参考になるかはわかりませんが、この日のタックルなどの紹介をしながら、この研究報告を終了したいと思います。

 

【もくじ】

ベイトフィネス

YoU太郎の大好きなベイトフィネスロッドノリーズのロードランナーストラクチャーST640M-Ftです。

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

過去にインプレッションしておりますので、使用感などはそちらも見ていただければある程度わからなかなと思います。

 

基本的に何かに引っ掛けてとても静かにハングオフさせないとバスが追いつかなくなる時期ですのでソリッドティップのベイトフィネスロッドが有効になります。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180723074914j:plain

ノーシンカーやダウンショットと相性が良く、溺愛してます。

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

リールはシマノアルデバランBFS XG +KTFフィネススプールです。

 

このセッティングは鬼に金棒ですね。笑

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

ラインはフロロの6lbを50mほど巻いてます。

 

スピニング

スピニングはかなり柔らかいミドスト用の物を使ってます。

 

確か6.4ftくらいでしなやかなロッドです。

 

アジング用で、本当は河口湖で春先に軽いジグヘッドをボトムクロールさせるように買ったんですが、あまり出番がないので今回持ち出したのが大当たりでした。

 

今回、YoU太郎の釣果の7割くらいはこのロッドだったと記憶しております。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180724190208j:plain

リールはシマノのストラディックCi4+C2000Sに3lbのフロロラインを巻いております。

 

アジング用でミドスト専用ですが、かなり感度が良く軽いシンカーならシャローでのボトムの釣りもこなします。が、正直なところ、バスを釣るならバスロッドが1番だなと…思ってます…(冒険せずに普通にバスロッド買っときゃよかった_(┐「ε:)_)

バス用ロッドだと、ワイルドサイドのWSS-ST61ULのようなシャープさのありつつもティップが繊細なモデルが今回のような釣りに適してます。

 

バスのミドスト用だと、ダウンショットを使った時にボトムへのスタックが多発するかと思います。WSS64ULはミドスト専用設計なので、今回はWSSST61ULの方が便利に使える状況でした。

 

総括

人にも魚にも厳しい日が続いてます。

 

ライトリグって簡単に魚からの反応が得られる反面、ついつい雑になってしまいががちですよね?

 

リーダーの長さ、フックの線径や形状、ラインの細さ、シンカーの重さなどなど、すごく小さく細かい所ですが面倒臭がらずしっかりその場に合ったものを選んであげることでかなり釣果に差が出ると感じました。

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

ローテーションってその時のアタリを見つけるために行うものであって、結んだルアーで全て釣りなさいって言うわけではないと思うんですよね!

 

一つ一つリグの特徴を自分の中で消化していって、これでダメだからあっちはどうだ?って試しているなかでアタリの傾向を見つけて行って、その日の正解に近づいていくことを心がけないといけないなと再認識しました。

 

今後はさらに制度を上げて行き、ライトリグでもそこそこのサイズを揃えることが出来るよう研究を続けていこうと思います。

 

暑い日が続いてますが、ローライトであればポッパーなどのトップウォーターも熱いです!少し雨が降ってくれたらたのしみですよね!

 

ただ、この記事を読んで、スモールマウスバスはライトリグじゃないと…なんて誤解を招いてしまうかもしれませんがら決してそんな事はなく、普通にフルサイズのジグにバッグエスケープツインのビッグベイトみたいな組み合わせの物も食べたてきます。

f:id:wwwyoyoyowww:20180727162544j:plain

 口は小さいですが、ザリガニだって食べてるし、ライトリグしかダメなんだって思い込んでしまったら非常にもったいないです。

 

色々なルアーで攻略してみてください!

 

それでは、次回の研究報告もよろしくお願い致します。

 

ではではー

 

 

【三章】灼熱のタフタイムを乗り切るフィネスローテーション

コンニチハ!

 

研究所のYoU太郎です。

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

今回はフィネスローテーション抑えの一手であるダウンショットをご紹介していきます。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180723074914j:plain

新入研究職員研修釣行ではライトリグを上手いことローテーションして釣っていったわけですが、一つのリグで全てこなせるわけではなく、小さなリグに込められた微妙な違いを使い分けてこそ1日を通して釣れ続ける事を確認できた修行川での1日でした。

 

その模様とともに当日のフィネスローテーションに関する報告書を作成しております。

 

過去の報告書も合わせて、ごゆるりとご覧下さい。

 

 

【もくじ】

ダウンショット

今釣行の抑えの切り札はダウンショットとなりました。

 

ダウンショットというと、ライトリグの定番中の定番ですね。はい。

 

YoU太郎はダウンショットが切り札になる事が多く、出番は多い方ではありません。

 

リグを作るのに手間がかかるので好きではないってものあります。笑

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725212738j:plain

しかし、そんな手間を惜しんでもリグってしまう安定感は捨てられませんよね( *`ω´)

 

クイックなしゃくりで素早く広範囲をリアクションで探ることから、一点でシェイクし続けるようなピンの釣りまで両極端の釣りができます。

 

今釣行はなかなか渋い状況だったので 、一番気温が上がりきった時間から水温がピークになるところまではダウンショットでピンを永遠と一点シェイクして誘うような釣り方でやっとバイトを得られました。

 

なので、前回までのノーシンカーやスモラバでどんどん魚の口を使うポイントを絞っていって最後の最後に絞り出すような展開で活躍するのがダウンショットの最大の強みだと思います。

 

逆にこう言ったスローな誘いでは本当にピンでしか誘えないので、広いエリアを探ることはできません。狙い場所が絞れてないと簡単にボウズを食らう諸刃の剣的な存在になりえます。

 

ウエイト

シンカーの重さは0.8g〜1.4gを使いました。

ボトムを取れる範囲でシンカーの重さは軽くしてあげたほうが反応が良かったです。

逆に3.5gくらいになると反応はありません。渋いです。。。

 

 ワームとリーダーの長さ

今回使用したのはドライブクロー2インチと、クロステールシャッド2.5インチでした。

 

2つのワームを使い分けることで渋い状況ながら反応を得られたと思ってます。

 

ドライブクロー 

 とても優秀ですね。笑

 

今更何を言ってるんだというくらい有名なワームです。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725211306j:plain

このワームは反転流のような場所にある沈み物に引っ掛けてロングシェイクをする事で反応がありました。

 

初めはリーダーを15cm程度で使ってましてが、HoR太郎がチェイスしてきたバスをよく観察しており、『シンカーを追ってきた』なんて言うんですから、リーダーの長さを5cmくらいに調節してやっと食ってきました。

 

なかなかの観察力ですね!

 

誘い方のイメージは、ボトムに付けたシンカーをシェイクする事で砂煙をあげバスに興味を持たせ、近づいてきたバスはその砂煙の中から食べごろサイズのドライブクローを見つけて思わずパクッと食べてしまうというパターンです。

 

なので、反転流が緩やかにきいている水深があって少し淀んだ場所で効果がありました。

 

さらにシンカーで起こした砂煙にワームを隠す事が出来るくらいのリーダーの長さにしてあげるのがミソです。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180724173046j:plain

決してショートリーダーを利用したスピードでのリアクションを狙ったわけではありまへん。笑

クロステールシャッド

こちらは1番流れの当たる岩盤に引っ掛けて永遠と一点シェイクする事で反応を得ています。

f:id:wwwyoyoyowww:20180725212437j:plain

 

今回、流れがある一等地にいるデカイのを狙ったんですが、先に子バスに食べられてしまいフィネスの難しさを痛感したワームでもあります。笑

 

細かなシェイクを入れる事でごく僅かにロールするようなワームです。

 

本当に震えるような微ロールによる色彩変化で発見させて食べてもらうワームとして使ってます。

 

こちらはボトム付近にいるバスの目線より少し上でピロピロしたかったのでリーダーの長さは15cmくらいです。それより短いと反応は無く、長くてもあまり釣れない印象でしたね…

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180724190208j:plain

その艶かしいロールはハンドポワード整形により微妙な浮力をもっており、ダウンショットやジグヘッドでのミドストにおいて非常に美しい姿勢とロールアクションを魅せてくれます。

 

今回はこの『姿勢』がかなり大事で、塩がザクザク入っていてステイさせた時にワームの自重で垂れてしまうような物は完全にNGでしたね…

本当にキツイ時、必ずや最終兵器として活躍してくれる事間違いなしのワームですね!

 

フック

フックはリューギのフォグショットTCという非常に初期掛の良いものを使いました。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725212541j:plain

ドライブクローではDASオフセット#2でも1匹釣ってますが、極端に反応の違いがあったと感じ、ほぼマス針を使いました。

ワームの動きの自由度がマス針のチョン掛けの方が大きく、艶めかしく動くのが良かったのかな?…と。

 

まとめ

長くなりましたが、暑い暑い夏を乗り切るためのライトリグの研究報告になりました。

 

今年は本当に暑いですね。

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

先日、埼玉県の熊谷市で41.1℃を記録し過去最高気温という記録を打ち立てました。

 

外で立ってるだけでボーッとしてしまいます。

 

本当に気をつけて釣りに行きたいですね。

 

次回は最終章として、この日の総括をしていこうかと思います。

 

ではではー

【二章】灼熱のタフタイムを乗り切るフィネスローテーション

コンニチハ!

 

研究所のYoU太郎です。

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

前回は新入研究職員の研修釣行のメインパターンとなったノーシンカーリグを紹介しました。

 

今回は朝一の1番良さそうなタイミングで釣れたパターンを紹介していきたいと思います。

 

どんなリグだったかと言うと、スモラバです。

 

しかし、連日のよつに暑い日が続き雨も降らない灼熱の大地なので、朝一だからと言って簡単に口を使うわけではなく、トレーラーの選定とヘッドのウェイト調整が必要で、なかなかにセレクティブな状況です。

 

人も魚も生活しにくい状況ですが、なんとか口をつかわせることが出来たので、その時の状況とトレーラーの選定理由を報告致します。

 

【もくじ】

 スモラバ

スモールラバージグです。

 

今回はエグジグを使いました。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725210727j:plain

ラバーのピリピリ感や、量、入手のしやすさ、ウェイトのラインナップが豊富でカラーもたくさん選べる優秀な数少ないラバージグです。

YoU太郎は普段経済的な理由から自分でジグヘッドにラバーを巻いてスモラバを作成しておりますが、今回はなんとしても新入研究職員のMiZ太郎とHoR太郎に釣ってもらいたかったので、バッチリ新品のエグジグを下ろしました。笑

 

選定したウェイトは0.9g、1.4g、1.8gでしたが、バイトがあったのは1.4gです。

 

おそらく、しっかりやりこめば0.9gの方が引き出せたとおもいますが、初心者の2人には1.4gの方が使いやすかったようです。

 

釣り方

スモラバはとても万能なリグです。

 

少し流れが強くなると使い方に制限が出てきますが、基本的になんでもこなせてしまう優等生です。

 

フォールスピードはハリの強いラバーが付いてるから必然的にゆっくりになりますので、深い水深を狙うのはそれなりの技術が必要ですがシャローでは誰でも使いやすいので年間を通して出番が多くなるかと思います。

 

主な使い方はフワフワ中層を漂わせたり、カバーに入れたり、ボトムを探ったりとなんでも出来ますが、今回はしっかり着底させてボトムをズル引く釣りで魚からの反応を引き出しました。

 

ボトムのコツコツを感じて、強い引っ掛かりがあったらラインスラッグをゆすってハングオフさせます。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180723074554p:plain

この時、引っかかった物から勢いよく大きく外してしまうとまったく反応がなくなってしまうので、本当にフルフルフルっとラインをゆすって外す感じ。

 

2人にはまるでラバーだけをピリピリ動かすようにごく僅かなシェイクを心がけてもらいました。

 

例えば小石に引っ掛けてホロッとはずしてその小石のそばに着底させるような本当に弱いハングオフ

 

朝一でもそんな状況でした。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180723220258j:plain

ただ、大きなゴイニーをかけてしまい、ただでさえ狭いストレッチの修行川をスピニングでやりあったので、場所が荒れてしまったのは朝一の大きな誤算てすね。笑

(この時、YoU太郎は大きなサイズはプレッシャーで口を使いにくくなっだと思い、狙いをおチビサイズに絞ることにしましたとさ…)

 

ウェイトの選定

今回は軽いウェイトにバイトが集中しました。

 

1.8gだとあからさまにバイトが無かったことから、おそらくフワフワした感じが合っていたと思います。

 

また、水深が深いところで1.5mというバックウォーターのようなエリアなので、1.8gだと、ボトムとのコンタクト感が強く、思ったようなハングオフが出来ない印象でした。

 

1.4gくらいのウェイトがちょうどよく、さらに軽いと着底感が薄くてやりにくそうな印象です。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725211812j:plain

この辺りの調節は流れの速さ、水深、ボトムの沈み物によって変わってくるかと思います。

 

なので、スモラバは数種類ウェイトを揃えることを強くお勧めします。

 

水深に合わせて3種類くらいあったら十分です。

 

トレーラー

トレーラーによってバイトの出方に差異がありました。

 

使い分けたのはドライブクロー2インチ、3インチ、シュリルピン2インチ、ドンキーブー、アライブシャッドを3人で試しましたが、反応があったのはドライブクロー2インチとドンキーブーでした。

 

他のトレーラーに使ったワームでは一切反応がなかったのは、抵抗がなさすぎてスモラバのラバーを持ってしても動きすぎてしまうのが原因じゃないかと思ってます。

f:id:wwwyoyoyowww:20180723223322j:plain


 

さらに、ドライブクローもドンキーブーも直リグでも試してみましたが、同じワームでもうまく噛み合わず反応を引き出せませんでした。

 

ドライブクローもドンキーブーも甲殻類をイミテートしたワームですが、少しタイプが違いますので、少しだけご紹介しします。

 

ドライブクロー2インチ

 

ドライブクローは逆足がたくさん付いていたり、大きな爪が水を受けやすく、細くて長い触覚がたくさんあったり、水の抵抗を受けやすく障害物に絡みやすい要素を沢山持ったボクシンググローブ系クローワームです。

f:id:wwwyoyoyowww:20180725211306j:plain

これによってハングオフの時に飛びすぎず、障害物に絡みつくような誘いが簡単に出来ます。ドンキーブーに対してかなりピンで誘いやすいと思います。

ちなみに、3インチでは少し大きすぎて嫌われてるような印象を受けました。ピピってバイトはありますがいくら送っても乗らない。爪だけかじられて無くなって戻ってくるという事が起こったので今回のような状況では2インチの方が合ってたわけです!

 

ドンキーブー

 ドンキーブーはドライブクローとは打って変わって順付された足とフラップが水を受け流し、ツルンッとしたスライドアクションが持ち味で、カバーの中に滑り込ませるような釣りでつかいやすいと思います。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725212027j:plain

ドンキーブーに関してはラバー付きの3.0gライトテキサスで、YoU太郎のロードランナーストラクチャー のロングソリッドティップならではのネチッこいボトムを這わせる釣りで、なんとかスモラバと同じ事を少し大きなリグのボリューム感で試して釣ってみました。

これはST640M-Ftのようなソリッドティップのベイトフィネスロッドだから出来たと思います。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

ドライブクロー3インチと同じクラスのサイズ感ですが、そちらでは全く反応がなく、ドンキーブーと3.0gのラバー付きシンカーとソリッドティップのティップ感がギリギリマッチしたようです。しかし、スピニングとライトウエイトのスモラバには追いつかない感じで、今回はスモラバの方が釣りやすかった印象です。

 

 

まとめ

 今回の釣行での最大魚はスモラバでした。

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

個人的には朝一のゴイニーが大暴れしなければ最深部の一等地でもう少しまともなサイズを狙えるかと思いましたが、仕方ないですね( *`ω´)

 

 ライトリグって魚を触るだけなら簡単なリグですが、サイズも狙って行こうとすると、チビが元気になり、大人がヘバるこの時期は特に難しいですよね。

 

簡単にチビが釣れてしまうから一見簡単そうで本当に難しいリグだという事を再認識しましたorz

 

このフィネスローテーションもあと数回続きますので、もう少しお付き合いください。

 

ではでほー

【一章】灼熱のタフタイムを乗り切るフィネスローテーション

コンニチハ!

 

研究所のYoU太郎です。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

引き続き、夏の暑いタフったタイミングでなんとか釣りたいよって人の為に向けた研究報告です。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180723074318j:plain



最初はノーシンカーリグです。

 

ワームに針を刺すだけの一見シンプルなリグだけど、なかなか奥が深いリグです。

 

今回の釣行ではメインで使うリグになりましたが、いったい何をどう使ってたかを具体的に紹介していきます。

 

 

【もくじ】

ワーム

1番バイトを得られたのはサワムラのバレット3インチでした。

f:id:wwwyoyoyowww:20180725205803j:plain

スローシンキングタイプとファストシンキングタイムの2タイプから選べる点もいいですよね!

 

スローシンキングタイプはシャローを狙っていくときに使いやすく、普段YoU太郎が行く修行川ではこちらのタイプを使うことがほとんどです。

 

ファストシンキングタイプは水深がある場所で使いやすいと思います。水没してるレイダウンの先端付近を狙うとかならまずはこちらを試すと思います。

 

正直、センコーでもいいかと思いますが、少し思う所があるのでクリアウォーターではバレットを好んで使ってます!

 

また、ウィードがあるようなエリアで、ボリューム感で目立たせたい場合はデスアダーの4インチや3インチもいいと思います。

 

 

フック

このリグはフックの選定が重要だと思います。

 

今回はオフセットフックでの使用が効果的でした。

 

もっと大型のワームでカバーに突っ込ませるような場合は必然的に線径の太いオフセットフックが必要になるかと思いますが、今回の狙いは地形変化に付いているスモールですので、ワームのフォール姿勢とのバランスを見ながらフックを選定していきました。

 

太軸だと前傾姿勢で早めのつんのめるようなフォールになってしまい、バイトが極端に減りました。

 

今回フックはノガレス フッキングマスター ライトクラス#1という細軸の比較的ゲイプ幅が狭目の物を使用してました。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725205852j:plain

スピニングで使うような細軸のフックに、ワイド過ぎないゲイプのフックがバランスよく水平フォールを見せてくれ、バイトが出てくれました。

 

この時はMiZ太郎がキロフックの#1を使ってましたがバイトは無く、フッキングマスター ライトクラスを使ってたYoU太郎とHoR太郎にバイトが集中し、MiZ太郎もフックを交換したら釣れました( *`ω´) 

f:id:wwwyoyoyowww:20180723140922j:plain

(写真はHoR太郎)

 正直、フックでこんなにバイトの出方が変わるだなんて…

 

このフックだと左右に揺れるように水平姿勢でフォールしていきます。そして、沈下速度も水に馴染むようにジワーッとしたスピードで沈んでいきます。

 

自分もビックリしましたが、新入職員の2人はバス釣りの奥の深さに気が遠くなっておりました…笑

シンプルなリグだけにバランスは重要なようですね!

 

狙い方 

狙いはゆるい流れの中にある地形変化。

 

流れの裏。

 

そう言ったところがあるフラット地形が狙い目。 

 

 そういうところにゴリのようなベイトが見られ、スティックワームをボトムまでゆっくり沈めて静かにダートアクションさせるとやっと反応するような状況でした。

 

エリアが広くてノーシンカーでは下がりきれないようなら少しリーダーを長くとったライトキャロにしてみたらいいかと思います。

 

ボトムに擬態出来るようなグリパンカラーで、ラメが入ってると反応しない。そんな状態の川で唯一反応を引き出せるのがバレット3インチのスローシンキングタイプでした。

 

コツはダートする幅を極力狭くしてバスに追いつけるよう誘ってあげる事。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725210144j:plain

 かつ、小さなロッド操作でも小気味よくダーとしてくれるレスポンスが必要で、ダートした後にプンッとラインが動くようなアタリを目で見て合わせると釣れてきます。

 

時間帯的には朝一以外で、お昼近くまで釣れ続けました。

 

リグのキモ

 バレットは左右対称のヘッド形状をしており、水を切るようなアクションが特徴的です。

 

センコーの細い方からフックをセットしても良かったんですが、片側が潰れたらワームを交換しないといけないので今回は経済的ではありません。

 

そこでバレットを選定したわけです。笑

(片方の頭が裂けても反対から刺しても同じ形状なので二度おいしい。)

 

f:id:wwwyoyoyowww:20180725210355j:plain

今回はワッキー掛けでは反応なく、オフセットセッティングでの釣果が全てでした。

 

本来はワッキーで使いやすくするための設計なのでしょうが、今回はそう言った理由でバレットを選んでます。

 

また、フックの選定が重要で、ワイヤーの線形が太いと姿勢やダートアクションが美味しそうではなくなり、明白にバイトがなくなりました。

 

キモは細軸のナローゲイプ。

 

これが、リューギのダブルエッジでもアタリはなくなってしまったので、特にノーシンカーにおけるフックの選定は重要なんだと感じられた次第です。

 

まとめ

今釣行のメインパターンであったノーシンカーパターンの紹介でした。

 

しかし、一日中このリグで釣れ続けるわけではなく、他のリグをローテーションしながらの1日のなかで満遍なく釣れ続ける事が出来ました。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

なかなか興味深い体験だったので、是非熱中症に気をつけながら試して頂ければと思います。

 

それでは次回の研究報告もよろしくお願い致します。

 

ではではー

【序章】灼熱のタフタイムを乗り切る3つのフィネスローテーション

コンニチハ!

 

研究所のYoU太郎です。

 

暑いっすね…

 

夜も気温が落ちず、翌朝も30℃近い外気温からスタートして、お昼過ぎに最高気温に到達してまた夜中に30℃くらいに落ち着くといった日が続いてます。

 

水温も30℃を超えてくる時期が早くも幕開けしてしまいました。

 

しかも山間部でなければ夕立も見込めませんね。

 

そんなバスの敵水温をはるかに上回り、劣悪な環境下でも何とか一本を絞り出せるかと思い、研究所の新入職員を連れて出撃しました。

 

新入部員はYoU太郎の大学時代の友人である、MiZ太郎とHoR太郎です。

 

今回は、結果的には3人で20尾くらい。

 

サイズはお戯れサイズですが、アタリが出るキモとリグさえ間違えなければ何とか魚に触る事が出来るかと思います。

 

その模様を踏まえて研究報告にまとめましたので、ぜひご参考にしていただければと思います。

 

 

 【もくじ】

 ノーシンカーリグ

まずはノーシンカーリグですね。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

この日のメインパターンになりました。

f:id:wwwyoyoyowww:20180723074318j:plain

夏に有効な手段として王道です。

 

フォールスピードと姿勢を細かく調節してあげれば釣果が伸びると思います。

 

フックのセッティングとワームのカラーが釣果を分けました。

スモラバ

 水深があればふわふわ中層を狙えるし、全体的に浅いならボトムを探れる優れものですね。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

ヘッド重量を揃えて水深と着底感を調節していくといい思いができました。

 

ラインでヘッドを引っ張るのではなく、ラバーをピリピリ揺らす程度のアクションをイメージしてあまり動かさないことがキモでした。

f:id:wwwyoyoyowww:20180723074554p:plain

 

基本的には少し淀んだところや流れとの境目を狙っていった使い方で数匹。 

 

タイミング次第では1番サイズが狙えるリグとなりました。(と、言ってもおチビサイズですが…)

 

ダウンショットリグ

やはり抑えのリグですね。

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

日中の1番キツイ時間帯はピンに入れ込んでバイトが出るまで一点シェイクでやっと口を使うような状況でした。 

f:id:wwwyoyoyowww:20180723074914j:plain

 この時は2つのワームにバイトが集中したので使い分けていました。

 

が、1番はリーダーの長さが重要だったと思います。

 

まとめ

ざっくりとYoU太郎の夏のフィネスローテーションを紹介しました。

 

次からはもっと細かくリグのセッティングなんかを紹介していこうと思います!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

暑いので水分補給だけじゃなく梅干しおにぎりとか食べて塩分補給しつつ、日陰でこまめに休憩をとりながら楽しんでください!

 

マジ危ないっす!

 

それでは、次回の研究報告もよろしくお願い致します!

 

 

ではではー