YoU太郎のバス釣り研究所

YoU太郎のバス釣り研究所

副業でサラリーマンやってますが、普段は研究所でバス釣りの研究をしてます。お気に入りタックルのインプレと釣行記録のブログです!

10月8日 修行川夜練

コンニチハ!


研究所のYoU太郎です。


ここ最近の釣行記録を一気に書いてみましたが、これが最後になるかと思います。


ま、また行けば書かせて頂くのですが、とりあえず最近の釣行記録は書ききったかなと。


と、言うことで、台風25号の恩恵に預かろうと出撃した河口湖で見事撃沈した後のメンタルで挑んだ修行川の模様です。


f:id:wwwyoyoyowww:20181012191001j:plain

写真は以前の釣行時に撮影したものです。


この日は夜の19時半くらいからエントリーでしたので、暗くてルアーの写真は撮れませんでした…


台風25号の影響で完全に水が入れ替わり、修行川の年間を通じて1番水が綺麗な時期です。


そんな時に活躍するのがシャッドなどのムービング系プラグ。


また、スピナーベイトの超高速バジングパターンもあるんですが、夜練だという事と、シャッド修行中だと言うことでスピニング一本とシャッドボックスを握りしめての出撃です。


水温は適水温ですが、下がり傾向。


なので巻くスピードは夜ということもありゆっくり目。


でも水はクリアなのでナチュラルに誘えるシャッドラップが適任かなと。


攻めたいボトムの起伏にしっかりタッチできるのもナイス!


めちゃくちゃクリアアップしてるので見切られないように。


でも追いつけるように。


ボトムに着いたら少し早めのポンプリトリーブで探っていきます。


シャッドラップがこのエリアの中で1番流れが当たる大きな岩盤の張り出しに差し掛かったところで違和感を感じました。


おそらくバイトです。



着水点から予想すると、張り出した岩盤の流れの裏側みたいなところからふわっと出てきた感じです。


ほぼ暗闇で見えないのですが、ボトムとのタッチ感と投げた飛距離感とハンドルの巻き数による予想なので精度は高いかなと…



居場所はわかりましたので、次にいつものインターセクションのフィーディングスポットへシャッドラップを投入していきます。


反応はないです。


やはり台風から数日後のタイミングなので少し下がったか?


という事で、もう一度さっきの岩盤へ。



今度は通すコースを変え、流れの裏側にいる魚に気づかれやすいコースへ流すと一投目でトスッという気持ちいいバイト。


合わせた瞬間ジーーーーッとドラグがなりました。


デカかったっす。

f:id:wwwyoyoyowww:20181012192357j:plain

本来なら修行川ではベイトフィネスタックルでシャッドを巻いた方がやりやすいんですが、修行なのでスピニングで挑みました。


ベイトフィネスタックルで少し強引に寄せてしまえば場があまり荒れずにもう1匹しぼり出せたりするするんですけど、今回は仕方ないですね^ ^


2時間弱の夜練でしたが満足出来ました。

f:id:wwwyoyoyowww:20181012192627j:plain

そして、シャッドラップは殉職してしまいましたので、また買いに行かないとですね…


優しい方からのお恵みもお待ちしております。笑


ちなみに、フックはピアストラブルダガーの#10を前後に付けてました。


このフック、本当に優秀ですね!外掛してきてくれます。ロングシャンクなので他のフックの同サイズと比べると若干ながら重量があり、シビアなサスペンドシャッドでは工夫しないと使いにくいかもしれませんが、YoU太郎的には信頼度Max級のフックです。

f:id:wwwyoyoyowww:20181012193130j:plain

ちなみに、#10と#8はポイントの幅はあまり変わらずシャンクの長さが違う感じなので、サイズ違いというよりか、重さ違いでサスペンド調節にも使ってしまってます。


シャッドラップはバルサ製のフローティングシャッドなのでフックセッティングのキャパが広くあまり気にしなくてもいいと思いますが参考になればと…



それではまた釣行できた時にはまた記録を書かせて頂きますのでお付き合い頂けたら幸いです。


ではではー

9月30日 修行川釣行

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。


日付の前後はありますが、最近行った心に残ってる釣行記録です^ ^


今回は台風の影響が残る修行川でのオカッパリスモールフィッシング。


グッドアフタヌーンなエントリーでしたけど、なかなか楽しい釣りが出来たと思います!


f:id:wwwyoyoyowww:20181011193053j:plain


以前、1/2ozのスピナーベイトで釣った記事をUPしました。


水深1m前後ですが、長雨で増水してしまい、普段はもっと軽いウェイトがメインになるフィールドですが、流れの速さに負けないように少しウェイトアップして釣ってます。


今回は台風の影響で増水し、さらに流れが早くなっていたので1/2ozで巻こうとすると少しボトムベタベタを流す事が出来ずバイトが出ません。


この時、ボトムを通す事を意識して釣り始めましたが、それは濁りがキツかったからです。


障害物があまりないストレッチなので、濁りが入るとボトムに着く傾向があります。


これは同じようなフィールドに通われてる方なら同じような体験をされてるかと思います。



ちなみに、以前1/2ozのスピナーベイトで釣ってた時もボトムベタベタのスローロールでした。

f:id:wwwyoyoyowww:20181011193753j:plain

この時は夜練だったの、魚も視界が悪くボトムにいたのかと思います。必ずしもボトムベタベタが有効かと言うわけではなく、いろいろなレンジを刻んで行って、最終的にボトムに辿り着いたというイメージです。


今回はカフェオレ系の濁りで確実に魚の視界が奪われてるなと感じたので最初からボトムのスローロールで狙っていくため、さらに重い5/8ozに変えます。

f:id:wwwyoyoyowww:20181011193923j:plain

ロッドもいつものバンタム164ML-Gではなく、旧アドレナの1610M-Gです。


リールはハナからスローロールしようと思ってたので、ローギアのクラド。


ギア比に関しては好みがあるかとおもいますので、どんなものでもいいかと!


個人的には巻き抵抗のあるものを使うときはローギアが使いやすいかなと思ってます。


カラーは白に薄く茶色が入っているスカートとゴールドブレードが良さそうな水色だったので写真の物を選びました。


水の中での見え方はこんな感じ!

f:id:wwwyoyoyowww:20181011194555j:plain

ブレードが回るギリギリのスピードでちょうどボトムが取れるようなバランスです。


こういうスピードの調整が必要な時、ハイピッチャーMaxはウェイトのラインナップが多いので凄く使いやすいですね!


ブレードの大きさで調節してもいいんですけど、面倒なんで…笑


この釣り方でまず釣れたのが冒頭の写真の魚です。


f:id:wwwyoyoyowww:20181011194848j:plain


トレーラーフックつけてましたが、メインフックで上顎ガッチリだったので、このパターンが正解かと!


これだけ合ってれば同じピンからもう1匹くらい拾えるかなと思い、さっき釣った場所をもう一度丁寧に通してきますと…

f:id:wwwyoyoyowww:20181011203113j:plain

少しサイズダウンしましたが絞り出しました!


絞り出すことが出来るようになりました^ ^


その後、欲が出てもう一度入り直しますが流石に反応は無くなったので、シャッドに持ち替えて修行をしました。

f:id:wwwyoyoyowww:20181011203313j:plain

シャッドラップを巻き巻き。

f:id:wwwyoyoyowww:20181011203403j:plain

反応が無かったので波動をゆるい物へチェンジ。


やはりボトムをスローに叩いてくるとバイトが続きます。


しかし、結果的にこのHUシャッドがこの日1番反応を引き出す事ができました。


が、なかなかノリません。


f:id:wwwyoyoyowww:20181011203617j:plain

反応がある場所をもう一度シャッドラップで流すとやっとノリました。


フックかな?


波動かな?


カラーかな?


何がいけないのかわかりません。変えのフックやシャッドラップの赤いカラーを持ってたら答えあわせ出来たんですが、研究者失格ですね…


その後もHUシャッドで反応がありますが、結局シャッドで獲れたのはこの子だけ。


小さいですが、流心でエサ待してるやつなんでかなり元気で楽しい奴でしたね^ ^


最後にお気に入りのHUシャッドを対岸に1つロストして寂しい気持ちになり撤収しましたとさ。


f:id:wwwyoyoyowww:20181011205431j:plain

帰って背中の割れたシャッドラップをアロンで補修して余韻に浸るYoU太郎でした^ ^


ではではー

10月6日 河口湖釣行

コンニチハ!


研究所のYoU太郎です。


河口湖に行ってきました。


台風襲来直前にフィーバーするんじゃないかなという事で、天気予報を1週間前から1時間おきにチェックする勢いで準備してました。


だいたい準備万端で挑むのボウズくらうんですよね^ ^



と、予想通りのボウズだったのですか、その言い訳を…書いておきたいと思います。



まず、前日まで台風が本州を通るか通らないかハラハラするような予報線で、延期もかんがえましたが、勉強の意味も込めて前日の予報を見て決行することにしました。


前日の夜12過ぎの天気予報では一日中曇り。


夕方18時くらいから風が強くなる予報です。



それなら夕方16時くらいに上がればちょうどいいなと!


そして、一日中ローライト。


低気圧も迫っており、ウィードの周辺に照準を合わせたデッキを組む事にしました。

f:id:wwwyoyoyowww:20181010203018j:plain

巻物タックルがメインで、ヘビダンタックルとライトリグタックルが一本ずつ。


普段、この時期ならパンチングタックルとジグタックルは欠かせません。


一応ウィードの中を責めるように抑えでヘビダンタックルを積みましたが、正直ウハウハ気分のYoU太郎にはハナから使う予定から外してました。


だって、ウハウハローライトに雨まじりの最高なコンディション予報だったんですものo(^-^)o


しかし、当日河口湖へ向かう道中の出来事です。


河口湖へ向かうほど空が明るく…


なんだこれ?


コンビニによって釣り券買うついでにトイレをお借りして天気予報最終チェックをすると晴れ予報になっとるやないかーい_(┐「ε:)_


しかもお昼過ぎから爆風予報…



悲しすぎる…


が、一応来てしまったので船は出します。


頭の中は巻物グーリグリでゴンゴンゴーンの予定でしたので、どうしてもウィードの中を責める釣りをやりきれず…


結局この日のトーナメントでのウイニングパターンはウィードのパンチング。


僕が前日に切った釣りです。


私が、巻物での入賞もありましだが、そんな精度を河口湖で出せるはずもなく撃沈。


頭が硬くなってしまってる証拠ですね。


次からはもっと柔軟に対応出来るよう頑張りたいです。




くくくくくくくやしーーーーーー( *`ω´)





ではではー

9月12日 修行川夜練

コンニチハ!


研究所のYoU太郎です。


秋の進行を感じる晩夏の釣りを展開するつもりでしたが、雨が長引き水量もあがりました。


エントリー出来る場所も限られた中で、巻物オンリーで攻め立てます。


狙ったコースをトレースしにくいですが、何とか絞り出しました。


f:id:wwwyoyoyowww:20181010201909j:plain

スピードトラップでした。


雨も凄く、レインウェアを着てましたが安全第一という事で早々に撤退です^ ^


結果的に釣れましたが、流れが効いてくると溜まるピンには小型のスモールのみで、なかなか大きいサイズが反応してくれませんでした。


濁りも入っており、本来ならもう少し水押しの強いクランクが効くかなと思いきや、スピードトラップでしか反応は引き出せませんでした。


手持ちの夜練用ルアーの中でスピードトラップは最弱の位置付け。何故なんだ???


確信の持てない魚しか手にできず、これなら釣れない方がよく寝れそうだ!そんな夜練でした…



9月9日 修行川夜練

コンニチハ!


研究所のYoU太郎です。


日曜の夜に少し時間が貰えたので再び行ってきました夜練。


状況的には前回とあまり変わらなかったのですが、少し水温低下か気になりました。


f:id:wwwyoyoyowww:20181009200019j:plain


そんな修行

川の釣果報告です。



まずは前回よりも水温低下が懸念されたのでショットフルサイズからエントリー。


f:id:wwwyoyoyowww:20181009200126j:plain


すぐに答えが返ってきました冒頭の写真です。


スピナーベイトより適応スピードの幅が広いクランクベイトの方が同じレンジをゆっくり大きな波動で通してこれると考えました。


確か開始数投での釣果です。


ヘルシーな筋肉質なスモールさんです^ ^f:id:wwwyoyoyowww:20181009200324j:plain


完全に口の外に掛かってます。


もしかしたら追い切れてないのか?半信半疑で食べにきてるのか?


もう少し早い波動のスピナーベイトを溜めします。

f:id:wwwyoyoyowww:20181009200637p:plain


ガッツリと。


水温低下もガクッときたわけじゃないからなのかあまり影響なさそうですね。


この辺でタイムアップです。


夜練は長くても2時間程度しか出来ないので、この後釣ってみて釣れ続けるのか検証出来ないのが悔しいですね∧( 'Θ' )∧


それでもいろいろ新しい発見があるので楽しいです∧( 'Θ' )∧


前回の反省を活かして、今回はしっかり巻物タックルで挑みました!笑

f:id:wwwyoyoyowww:20181009200934j:plain

この日は比較的スローに一定に引けた方が良かったので本来ならノーマルギアの07メタマグMgの方が個人的には使いやすかったのですが、1m前後の水深でボトムの変化をある程度把握してるのでどちらでも対応できました。


どんどん精度をあげて、これを河口湖で活かしたい…



そんな野望を持ってます。



ではではー

9月3日 修行川夜練

コンニチハ!


研究所のYoU太郎です。


釣行記が続きます。人の釣果って退屈じゃないですか?大丈夫ですか?


釣行記が落ち着いたらこの時釣れてたアイテム達のインプレも書きたいと思いますので、しばしお待ちくだされ…


やはりしっかり使い込んで理解出来るまで釣らないと説得力のあるインプレは出来ないと思ってます。


と、いう事で9月3日の修行川夜練の模様をお伝えしたいと思います。


この時は長雨が続いて流量が上がり始めた修行川でした。


仕事終わりに2時間程度寄り道して夜練してました。


夕方のフィーディングタイムからエントリーする予定でしたが、雨のため早い時間で太陽光はなくなり、いい感じの雰囲気。


f:id:wwwyoyoyowww:20181009194042j:plain


フィーディングエリア付近の岩陰でガガガガというものスゴイアタリ。


お腹パンパンのビッグスモール。



ん?



なんかビッグスモールって文字にするとおかしいっすね∧( 'Θ' )∧


タックルはデプスのドムドライバーFE +クラドHG +PE55lb


私のパンチングタックルです。


本当は夜練する予定なかったので、急遽実家に置いてあったタックルで出撃したわけです。



こんなガチムチタックルでのバイトなので左手首が吹っ飛んだような衝撃でした。笑



その後も似たような条件を丁寧に探っていくとしっかり反応してくれます。

f:id:wwwyoyoyowww:20181009194529j:plain

50いったかとおもいましたが、寸止めの49cm…


しかし、自分の修行川記録更新です。


f:id:wwwyoyoyowww:20181009194759j:plain



釣り方は先日のレベルバイブブーストと打って変わってスピナーベイトのスローロールでした。


雨で濁りが入って、ボトムにタイトに付いていると感じました。


でも、エサは食べたい!みたいな。


流れが強くなってましたので、水深1m程度ですが1/2ozでしっかりスカートをボトムにつけて流れに負けないようスローロール出来るスピナーベイトを選びます。


状況的にハイスピードではルアーに気づいた時点で通り過ぎて行ってしまうようなイメージです。


しっかり強波動を生み出し、ゆっくりアピール出来るスピナーベイトがアタリでした!


ロッドはご愛嬌という事で…笑


多分、ガッチガチの高弾性パンチングロッドでは弾いてたかもしれません。少しムチッと感があるドムだからしっかりフッキングできたのかも…しれない…


この2匹を釣る間にブレードバイトみたいなのを数回感じましたので、次回はもう少しタックルバランスをマシにして挑みたいと思います。


ではではー

8月27日 修行川コソ練

コンニチハ!


研究所のYoU太郎です。


少しコソ練してきた時の内容です^ ^


この日は朝一入る事が出来なかったので、早朝のフィーディングタイムは空振り。


よって、目ぼしいピンにだけスピナーベイトを通してライトリグへチェンジ。


f:id:wwwyoyoyowww:20181009191711j:plain


数本抜き上げ、その後は用事を済ませに実家へ向かいました。


お昼過ぎから再びエントリーし、子バスに遊んでもらいます。


写真はもういいですよね??笑


この日は夕方に夕立があると言うので、風が強くなったタイミングで巻物タックルへ持ち替え、レベルバイブブースト9gで流していきます。


魚の回遊ルートを効率よく倒せるようなラインどりを考慮して立ち位置を工夫し、なるべくプレッシャーが掛からないように着水音を抑えてショートキャストで刻んでいると、ドンッと出ました^ ^

f:id:wwwyoyoyowww:20181009192143j:plain


レベルバイブブースト9gです。


このルアー、前から気になってたんです。


小さなシルエットで超早巻きに対応しており、メタルバイブみたいにばたつかない。


最高です。


めちゃくちゃ使いやすい。


ただ、なかなか手に入らなかったので買わなかったと言うのが実のところ。


いつでも買える、手に入るというのはルアーの性能の1つだと思ってますので…


とにかく、いいですね!これ!

f:id:wwwyoyoyowww:20181009192416j:plain


ロッドはバンタム164ML-Gというグラスコンポジットロッドで、早巻きでも弾かれないようなチョイス。以前、インプレしてみましたのでごご参考にしていただければ幸いです。


リールは07メタマグMg7で、チャカチャカ忙しなくしなくても早巻き出来るようハイギアを選択。


最新のメタニウムMGL-XGをお持ちなら超ハイギアに越した事ありません。


早巻き特性の高いルアーの限界スピードで巻くので、同じスピードを出そうとしたらローギアでは必ず人間側がミスると思います。


魚の元気なハイシーズンにスピードで騙すような必要があるならハイギアの方がやりやすいですね!

f:id:wwwyoyoyowww:20181009192907j:plain

1日のなかでタフな時間帯が多い季節ですが、風や天候の変化に対応する事でクリアウォーターのスモールにもしっかり口を使わせる事が出来ました。


ありきたりな内容ですが、重要だという事でしゅ^ ^笑


ではではー