YoU太郎のバス釣り研究所

YoU太郎のバス釣り研究所

どうすればブラックバスは釣れるのか?そんな道楽探求とタックルインプレのブログです。

10月12日 修行川釣行た

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

引き続き、遠征に行かないので近くの修行をする川へ行って来ました。

資格勉強の合間を縫って1.5時間だけ!

しかも、いつものBoxを自宅に忘れたため季節外れのルアーのみでの釣行となってしまいました。

 

釣果は…

 

ボーズっす

どうせ、ボーズなんすよ

 

こんなブログ見る価値ないっす

ほんと、ボーズですm(._.)m

 

YoU太郎的にはボーズは歓迎できないけど嫌いじゃないんす(*´ω`*)

練習したなと思えるから意外と嫌いじゃないんです!

 

 

今回の敗因はなんだろな?

と考えてみました。

 

 

 

前回の修行川釣行の次の日から冷たい雨が降り続いており、増水と水温低下しており、さらに、とてもクリアアップしていました。

もともととても澄んだ川なのですが、ボトムに堆積していた泥も流されており、これから若干白っぽく濁るような塩梅です。

 

YoU太郎の経験からこう言う場合は1/2ozのフットボールにビッグエスケープツインを着けて流れと流れの際に落として放置するのという超激スローな展開しか手駒が無く、さらにジグボックスを自宅に忘れてしまったのでやりようがなかった…

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

言い訳ですわm(._.)m

 

 

なのでクランクを巻き巻き。

スピナベ巻き巻きの展開を押し通しました。

ボトムを中心にスローな展開です。

 

 

結果…無

 

という事ですよ。

 

 

今思えば、水温の維持されてそうなエリアをみつけてダウンショットやシャッドもやってみたらどうだったか?

もしかしたら冷たい流れは下の方を通り、水面方向はそんなに冷たくなかったのかな?とか

 

試してみたかったなーってことがたくさんありますが、冷たい雨が降り続いたのでその可能性は低いかなと

 

んー

 

こんな時の攻略はどうしたらいいんやろ?

センサー式の水温計でさなく、こういう時期用に普通の水温計買おうかな…

 

 

それでは次回の研究報告もよろしくお願い致します(*´ω`*)

でひではー

10月12日 修行川釣行

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

 先日も修行の為、いつもの川に行ってきました!

中古ですが新たなロッドを購入したのでルンルンです(*´ω`*)

そんなロッドで釣果も上がりました(*´ω`*)

 

ルンルンです(*´ω`*)笑

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171014222621j:plain

 

 

 

仕事帰りの19時〜20時半までの1時間半で、次の日から雨予報が続いてたのでその前に行っときたいなと。

この時期の水温低下はなかなかネガティブな状況変化になりやすいので、ここらで一発やっとかないとと思い強行した次第であります!

 

まずはトップで入ります!

新たに手にしたポイズンアドレナ1610M-G にカルカッタコンクエストの組み合わせ!

ルアーは羽根モノ。

 

開始してすぐイラつきバイトを誘うもまたもやロッドの特性を理解しておらず痛恨のバラシ。

イヨケンプロのプロディュースロッドはYoU太郎的に癖があり、しっかりフッキングしないとバレる印象があります。

しかし、一本で巻物を全てやりたいという事ならあるいみロードランナーハードベイトスペシャル並みに守備範囲が広く、使い勝手がとてもいいんじゃないかとかなり好印象を持ってます。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

バラシの後、時間もない事からノーシンカーの放置と言うスーパースロー展開に持っていきます。

食わせるピンスポットさえ知っていれば限られた時間の中でもメンタルを維持出来ます。笑

ロッドはロードランナーストラクチャーST650MでYoU太郎的にはノーシンカースペシャルです。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

しかし、暗くて存在感のない放置では魚に気付かれないのかと思い、やはりアドレナ1610M-G に握り変えます。

 

ルアーはワーミングクランクショットフルサイズ。

(名前長いですね…笑)

 

ショットフルサイズを巻いてボトムノック中にアタリがあります。

一瞬フックに何か触れたような触れてないような??

 

ショットフルサイズではスピードが早いかな?と判断し、ノーマルのショットを結びました。

f:id:wwwyoyoyowww:20171014223812j:plain

 

それが功を制したわけですね!

ルアーチェンジして数投目です。

40UPのヘルシーで美しい魚体でした。

 

最初のトップの時にスーパースローならトップでも可能性があるかと思いましたがやはり時期的にトップでバンバンというわけにはいかず、スーパースローというキーワードだけが頭に残ってしまい、暗闇でのノーシンカーという無謀な賭けをしてしまったのが敗因かなと。

 

さらに制度を上げるためにも経験値を積むしかないですね!

 

今回.、アドレナ1610M-G でショットを使いましたが、かなり無理やり投げました。

グラスコンポジットなのでしなやかではありますがかなりシャキッとしており、スピナーベイトも1/2ozをメインに使いやすいかと思います。

クランクをやるなら3/8oz程度のレギュラーサイズ以上が好ましいですね!

ただ、ショットのよつなタイニークランクのプルプルもティップによく伝わり、リール次第では使えなくないなと思います。

 

ロードランナーとの使い分けは好みでいいかなと思います。

オープンエリアでウィードなどのカバークランキングがメインならアドレナ1610M-G だとすこぶるいい感触かなと思います。

逆にロードランナーのような低弾性カーボンの特色が全面に出てるタイプのロッドは、もう少しピンスポットで丁寧に何発も入れ込んでいくようなタイプのフィールドに適してるかなと思います。

ま、ロードランナーにはオープンエリアでのカバークランキングが出来るようなハードベイトスペシャルもありますけどね★

 

まだ1回しか使ってないのでインプレッションはこれくらいに控えておきますが、かなり使える竿です!オススメですよ!

 

それでは、いい研究報告が出来るよう道具の使い込みも頑張ります!

ではではー

キャスティングによるジグ・テキで魚を捕るための最初の4歩目

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

引き続きジグやテキサスで釣るための研究報告なんですが、今回はフッキングについて!

 

巻物のようにロッド頼みのノセるような巻きあわせではデカイ魚のの硬い口にフックを貫通させる事はできません。

自分からしっかりフックポイントに力を伝えなければならない最後の段階です。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171002191008j:plain

しかし、これが出来れば魚まで後少し!

f:id:wwwyoyoyowww:20171002122732j:plain

エキサイティングな瞬間のフッキング。

その一瞬の動作をしっかり行う事で、魚を手にすることが出来るのか否かが決まります。

一歩目から3歩目まで読んで頂いた方のみここから先に進んで下さいね!

いきなり4歩目を読んでもチンプンカンプンだと思います!

 

1歩目ではジグとテキサスの使い分けに触れています。

wwwyoyoyowww.hatenablog.com 

どちらが釣れるかではありませんよ?

自分の目の前に広がるフィールドではどちらが使いやすいかで選んでみて下さい!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

さらに、ジグには様々なヘッド形状があります!

ヘッド形状でも使い分けられたらさらなる1匹を呼び込むことが出来るかと思います!

 

 

さてさて!

本題のフッキングの話に入りましょう(*´ω`*)

 

もくじ

 フッキング

フッキングについてです。

ジグやテキサスのフッキングはスピナーベイトなど巻物のフッキングと少し違います。巻物は常にラインを張った状態でのフッキングは向こう合わせというか、ロッドの性能に依存する要素が多いですが、ジグやテキサスなどのラインスラックが出ている釣りは人間側がしっかりフッキングをしてあげる必要があります。

 

アタリがあったら?

あたりがあったらまずやることは、魚に違和感を与えずにしっかり口の中に吸い込ませる事です。

 

アタリが手元に伝わったらまずロッドを倒し操作してる時以上にラインスラックを作ってください。アタリがあっても引っ張り続けてしまうと、魚が違和感を感じてワームを離してしまいます。

 

アタリがあってからもラインスラックは大事です。2歩目、3歩目でも触れてますので、今一度ご確認下さい。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

3歩目ではロッドの操作にまつわるラインスラックの報告書です。

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

さらに内容の濃いものになってるかと思います。

 

フッキングの最終準備その1

ラインスラックを作ったら季節にもよりますが、1~3テンポ置いてからシャカシャカシャカシャカとラインスラックを巻き取ります。しっかりラインスラックが巻き取れないとフッキングの力がスラックに吸収されてしまい、すっぽ抜けます。

 

どれくらい回収するのかというと、完全に回収してラインが張ってしまうとNGなので、ラインスラックの80%くらい回収するようなイメージです。

 

完全にラインスラックを巻き取ってしまうと、せっかく魚が口の中にワームを入れてくれたのに人間側に引っ張られる事で違和感を感じて吐き出してしまいます。

極力魚に違和感を持たれず、確実に魚の口にワームが入っているかを、ドキドキしながらティップに聞いてみて下さい!

 

フッキングの最終準備その2

ラインスラックを巻き取ったら優しくラインをティップで引っ張りしっかりワームを食い込んでいるか確認します。

しっかり食い込んでいればグーーーっと重く感じます。

まだ食い込んでいなければプンプンプンプンと魚が口でワームをハミハミしています。

 

フッキング!

しっかり食い込んでいることを確認したらそのまま親の敵を打つつもりでフッキングしてください。

 

コツはしっかりロッドをバットまで曲げる事です。

そのためにしっかり出したラインスラックを回収し、力が抜けないようにします。

それさえ意識してればフッキングはほぼ確実に決まるでしょう!

 

 

いろんなアタリがあります!

アタリって、魚の活性やヤル気、状況でいろいろな違和感として手元に伝わってきます。

場合によってはラインにしか現れず、よそ見してたら既に吐き出されてアタリにすら気付かないということもあるかもしれません。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171002122632j:plain

 

この感覚は全て経験ですし、何回もフッキングを決めるからこそ水中をイメージすることができます。アタリの出方で魚が大きいか小さいか予想できますし、食い込んでいるか、まだ違和感を感じて口の中に完全に入れずにハミハミして餌かどうか確認してるのかわかるようになります。

 

 

イメージ

ここまでの全ての行程をロッドを操作しながら水中をイメージしてやってみてください。

なれないうちはゆっくりと、じれったく感じるくらいゆっくりです。

 

ボトムの起伏や固さを感じ、ゆっくり丁寧にボトムをきっちり這わせます。

ボトムがどんな状態なのかイメージしながらズルズルしてください。アタリを取るためにワームを引っ張りジクジク誘うのではなく、ボトムの状態を確認しているついでに魚の反応を得られるくらいの気持ちでいるのが魚を釣る一番の近道かも知れません。

 

そして、アタリがあったら魚に違和感を与えずラインスラックを回収します。

そして、魚がしっかり食い込んでいるかティップに聞いてみてください。

 

その後フッキング動作に入りますが、ここまでイメージをしながら丁寧にやらないとアタリを感じた瞬間にビックリしてへなちょこフッキングをしてしまいます。

このへなちょこフッキングをビックリアワセと言いますが、見ていて恥ずかしいです。慣れないうちは、キャスティングの前に『アタリがあったらまずラインスラックを出す』と一回冷静になってから投げるといいかなと...

 

運動オンチの女の子に必ず釣ってもらわなければいけないとき、毎回予習させてからキャスティングさせました。これは、どうしてもビックリアワセしてしまう場合の究極の最終手段です。

(たぶん皆さんはここまでしなくても大丈夫だと思います!笑)

 

この釣りで必ず揃たい物

 

慣れないとフッキングが遅れてワームを飲まれて喉の奥にフックが刺さってしまいますので、絶対にオエオエ棒と長いプライヤーは必携です。

クランクオタクがアイチューナーを必ず携帯しているのと同じくらい大事です。

絶対に必携です..

 

 

まとめ

フッキングは魚を取れるかどうか一瞬で決まる居合のような動作です。

魚を掛けられるだけ食い込ませられてるか?

魚を掛けられる間合いまでラインスラックを回収できてるか?の

魚を掛けられるだけのパワーを出せるか?

 

1番慎重になりたいけど大胆に行かないとバレます。

失敗したらとても悔しいし、その日の最初で最後の魚信かもしれませよね?

 

失敗しないためにも、しっかりイメージして実践してみて下さい!

 

それでは次回の研究報告まで!

ではではー

 

 

キャスティングによるジグ・テキで魚を捕るための最初の3歩目

コユニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

前回までの記事でらズル引きに関しての報告書を書いてきました。

最初の1歩目はなぜジグ・テキを選ぶのか?

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

最初の2歩目ではズル引きをする時に大切にしている事です。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171002191008j:plain

3歩目はロッド裁きに関する報告書です。

ズル引きはバス釣りの基本にして非常に奥の深い技術で、これが出来るのと出来ないのとでは雲泥の差です。

ぜひ、友達に差を付けるためにもマスターしたいですね!笑

 

それでは!3歩目の報告書をご一読ください!

 

もくじ

 縦裁きと横裁き

まず、ロッドを縦に構え、縦に操作して引っ張ってくるのが、斜め下方向に構えるて横方向に操作するのがでジグの操作感が変わります。

この事について少しまとめて行きたいと思います。

 

縦裁き

 ロッドを縦に操作するとジグが跳ね上がります。

キャスティングで遠距離でも感覚的には少しボトムから浮きやすくなるような操作感です。

つまり、ボトムを感じにくくなります。

 

だからといってこの釣りでは縦操作をしないのかというとそんなことはなく、引っ掛かりやすい場所に投入する場合は積極的に縦に裁きます。

 

また、キャロやヘビダンのように一度ボトムからシンカーを浮かせてワームをナチュラルに見せたい時には縦で裁きますし、近距離のピッチングでは、ロッドの長さの有効性を利用して縦に抜いてくるので引っ掛かりが減り、キャスト数が増えますので、結果的に捕れる魚の数が横に裁くよりも増えると言えます。

 

横裁き

基本的にキャスティングでのロッド操作は横裁きになるかと思います。

風の影響も受けないし、ワームとラインの角度が浅くなるのでボトムのマテリアルを感じやすいからです。

つまり、僅なボトムの変化を感じとりやすいので集中できるからやりきれる!です。

ボトムから離さずタイトにタイトに探っていくなら横裁きがよいででしょう。 

 

どちらに裁くにせよ...

縦でも横でもどちらに裁くにせよ、すぐにラインスラックが出せる位置で操作してください。後でその訳の詳細を述べていますが、ボトムの急な変化やフッキング時に魚に違和感を与えないためにも、ラインを引っ張り過ぎずにラインスラックを常に意識してください。

 

例えて言うと、たて操作の時はロッドティップが10時半~12時くらいの位置で、 ラインを引っ張り、ロッドをワームの方向に倒すとラインスラックが出るようにします。

横でもそれくらいゆとりをもって操作してください。

 

ボトムを感じながらの操作

ズル引きなので、縦でも横でもボトムを感じながら操作するのが大前提であります。ボトムを感じるとは、ボトムのコツコツ感や起伏を感じる事です。

慣れればボトムが何なのか分かるくらい洗練されてきます。

ボトムが硬いのか、泥のように柔らかいのか、枯葉が堆積していて柔らかいのか、ヘドロなのか、岩があるのか等々感じ取る事ができます。

 

操作しながらやるべき事

ボトムを感じながらやるべき事は、そのボトムが何なのかを把握する事です。

ボトムが何なのかわかれば、こちらこら様々な食わせるための誘いをかけは事ができます。

 

ハードボトムでは

他のボトムより硬い事がわかれば、そこはハードボトムです。

バスはハードボトムを好みますので、細かなアクションでハードボトムから離さずに気づかせる工夫が出来ます。

また、動かさずにステイさせていてもハードボトムという事は流れが当たっている事が多いのでワームの自発的なアクションで食わせることも出来ます。

 

ボトムから離さない

1番大切といっても言い方考えてます。

ボトムから離さないこと!

例えば、ズル引きしていてフワッと感覚が無くなる時があります。

それは、起伏のあるボトムからワームが落ちた瞬間だったり、岩からワームが落ちた瞬間だったりとボトムに着いている状態からフォールに変わったという事が考えられます。

この時に、『2歩目』 で解説したラインの引っ張りすぎをしてしまうとどんどんワームは自分の方に寄ってカーブフォールしてしまって不自然な動きになってしまいます。

ズル引きは基本的にボトムから離さない釣りです。

ボトムから離れてしまうと不自然だからです。

 

違和感を与えない

ボトムにいる餌はボトムから離れたらしません。

ザリガニやヨシノボリはあまりボトムから離れて活動しません。

それに似せて誘ってあげてると考えてください。

 

ザリガニがカーブフォールしてたら怪しいですよね?郵便ポストの上にラーメンがあっても食べませんよね?人に例えるとそういう事です。

ラーメンはラーメン屋にあるから違和感なく食べるのです。

つまり、ザリガニがボトムから離れていたらバスは違和感を感じるのです。違和感を感じたらバスは食べません。

 

他にもいろいろ

バスはどんなボトムにいたがるのか?

それはいろいろな雑誌に書いてあります。

それは知ってるけど自分のいくフィールドでバスが好む ボトムがどこなのかは教えてくれません。それを探すのもズル引きの釣りです。

 

ここらへんはバス好きそうだなと思えばステイや誘いのアクションをかける。

ウィードがひっかかってきて、見てみたら生き生きしたシャキシャキのウィードだつった。そしたらもう一度投げてみて、ウィードのひっかかったあたりで止めてみて下さい。

 

魚からの反応があるかもしれません。

 

非常にゆっくりした釣りなのでそんな工夫を考えながらできるのもこの釣りのメリットです。

 

 

ボトムから離さないための操作 

ボトムからワームが離れてしまうと違和感を与えてしまいバスは食べません。それではどんな操作をしたらボトムから離れないのか?

 

それは『2歩目』で解説したラインを引っ張りすぎないようにズル引きをする事です。張らず緩めずの状態でズル引きすると、ボトムのコツコツ感がわかります。

フワッとかコツコツ感が消えたらワームはフォールしてるか浮き上がってしまっています。

なので、ラインスラックを出してあげてください。

ラインスラックを出すのは簡単です。ロッドを縦に捌いている場合は、ワームの方向に倒して上げてください。

勝手に糸更けが出ます。

それでも足りない場合はクラッチを切ってラインを摘んでスプールから引っ張り出して上げます。軽くサミングしていて上げないとバックラッシュしますので気をつけくたさいネ★

 

応用

ラインメンディングとラインスラックはこの釣りでとても大事です。流れがあったりしてワームより先にラインが流されてしまって操作しにくい場合は、可能であれば下流側からアプローチするか、キャストの後下流側に移動してラインが流されてもなるべく直線を維持するようにしたら操作感が損なわれずにボトムを感じられるし、魚に違和感を与えにくいです。

 

ほかにもいろいろな条件が考えられます。

でも、一度ズル引きを理解してしまうと、いろんな状況でもいろんなアイディアが浮かんできます。

これが、ズル引きマスターへの道を進めている証かなと!笑

 

フッキング 

最後にフッキングについてです。

フッキングについては長くなって読みにくくなるかと思いますので4歩目にまとめました。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

ジグやテキサスのフッキングはスピナーベイトなど巻物のフッキングと少し違います。巻物は常にラインを張った状態でのフッキングは向こう合わせというか、ロッドの性能に依存する要素が多いですが、ジグやテキサスなどのラインスラックが出ている釣りは人間側がしっかりフッキングをしてあげる必要があります。

 

 

 

まとめ

数回にわたるズル引きの研究報告はいかがでしたか?

そんなん知ってるよ!という話が多いかと思いますが、そこからの工夫がさらなる釣果を伸ばすための道かなと思ってます。

 

最終奥義はノーシンカーのズル引きです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171002122632j:plain

これはめちゃくちゃ釣れますよ!!

 

ぜひ、ジグ・テキでのズル引きに慣れたら試して欲しいですね(*´ω`*)

さらに、ラバージグのヘッド形状による使い分けができたらさらに釣果が伸ばせるかと!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

思います!!

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171002122917j:plain

ジグ・テキサスのタックルセレクトの研究報告も用意しています。 

それでは次回の研究報告まで!

ではではー

 

 

 

キャスティングによるジグ・テキで魚を捕る最初の2歩目

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

引き続き、ジグ・テキで魚を捕る研究報告です。

 1歩目を書きながら長くなるので小分けにしないと読者様に最後まで読んで貰えないとヒヤヒヤし、3回くらいに分けて報告書を作成する事にしました。

f:id:wwwyoyoyowww:20171002191008j:plain

今回はズル引きをする時のキモというか、大切にしている事です。

これも、本当に基本的な事で、出来ていると出来ていないのでは釣果に雲泥の差がうまれます。

 

ズル引きなんて…と言う方も是非ご一読ください(*´ω`*)

 

 もくじ

ズル引きをやる時の大切な事

ズル引きって名前もカッコ悪いですよね。笑

今時、真剣にズルズルしてる人なんてあまりいません。

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

でも、ズル引きってバス釣りの基本中の基本で、いろいろな釣り方に応用出来るし、マスターすれば確実に釣果に差がでます。

雑誌やネット動画を見ただけで誘い方をマスターした人と差をつけて行くためにズル引きをやる時に大切にしなければならない事を考えていきましょう。

 

ラインメンディング

ラインメンディングを大切にしましょう。

キャスティングしてジグやテキサスリグをボトムまで沈めるわけですが、ラインメンディングが出来ていないといくらラインを細くしてもラインが水圧を受けてボトムを感じられません。

 

通したいコース上にしっかりラインを真っ直ぐメンディングしましょう。

特に横風が吹いている時は難しいですが根気よく丁寧にやって見てください。

 

 

着底までのラインコントロール

ラインを出してフリーフォールさせるのか、ラインを張ってカーブフォールさせるのか。どうしましょうか?

 

フリーフォールさせる場合

例えば、狙ってるボトムが垂直護岸の根元だったり、急深バンクだったりしたらキャスティングの後、必要なだけスプールからラインを出してしっかりフリーフォール出来るようにしてあげてください。

本当にタフった時は、岩盤から数センチ離れただけで食わないとかとってもシビアな状況もあります。

 

ちなみに、この後にも書きますが、フリーフォール中には手元にアタリが出ません。

ラインをよく見ていてください!

アタリはラインにしか出ません!

 

そのアタリを捕るためにも、着水から着底まで何カウントなのか数えて覚えておく必要があります!

1.2.3.4.5.6〜

普通に1秒2秒と数えてもいいですが、それの5倍速くらいで数えます。

その方が変化がわかりやすいですのでオススメします。

 

カーブフォールさせる場合

フラットな広いエリアを探っていく場合、フリーフォールではなくカーブフォールで着底させるのも有効です。

例えば、フォール中にも誘いが入るシャッドテールワームやドライブクローのような動くパーツが付いているワームを使ってみると面白いです。

 

カーブフォールによって、中層やボトムに興味の無い魚のサーチもできます。

季節の変わり目など、ボトムに反応するのか、横の動きに反応するのか探りながら釣りをする場合は試してみる価値があります。

 これは、狙っているボトムより遠くに投げ、少しラインを張ったり、ゆっくりリールを巻きながら着底させます。

ラインを張ってますので着底もわかりやすく、勝手にラインメンディングが出来ていると言うメリットがあります。

 

 着底後のバイト

フォール中、もしくは着底後ワームの倒れこみでバイトが出る事があります。

そのアタリの取り方が非常に大切なポイントです。

 

フォール中のバイト

特にフリーフォール中のバイトは手元に出る事がありません。

ラインをダラダラに出してるので、当然です。

なので、リグが沈んでいくときにラインが引っ張られて行きますので、それを注視します。アタリはラインにしか出ません。

ラインメンディングが出来て入れば、浮いている足元ら辺のラインがスーーッと沖に引っ張られている様子がわかると思います。

(浮いているラインの両脇に極小さな波が立つような…言葉では伝えにくいのですが…よく観察して頂けると一発でわかると思います。)

 

着水から着底までのカウントは忘れずにしてますか?

着底まで10かかるはずなのに6で止まった…それはアタリです。魚がリグを口に入れてそのまま動いていないだけです。すぐにラインスラッグを巻き取ってバッチーーーンとフッキングして下さい。フッキングのコツなどロッド操作に関する事は3歩目に書きます!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

 

また、10で着底するはずなのにいつまでたっても着底しない…

それもアタリです。(もしくはさらに深いところに落ちていったか?)

魚がリグを口に入れて横取りされないようにその場から離れようとしてます。

すぐにラインスラッグを巻き取ってバッチーーーンとフッキングして下さい。

 

 

着底直後のバイト

また、着底直後もアタリが出やすいです。

つまり、着底してからワームが倒れこもうとする時が魚にとってチャンスタイムな訳です。

 

着底直後から最初のアクションに移る時、優しくラインを引っ張って見て下さい。魚が食べていれば優しく引っ張る事で『クイクイ』とか『プンプン』とか反応があるはずです。

着底直後のバイトを捕るためにもステイの後や、特に1番最初のアクションの前に『ティップに聞く』作業を怠らないで下さい。

 

 

 ラインスラッグを出す

さて、やっとズル引きのお話に入れます。笑

ズル引きの時に絶対にやってはいけない事はラインを張りすぎる事です。

ラインを張りすぎるとなぜいけないのか?

魚に違和感を与えてしまうからです。

 

バスは獲物を吸い込んで口の中に入れます。

なので、ラインを張りすぎると口の中に入りにくくなったり、魚に違和感を与えてしまっていい事なんてありません。

 

釣れないとどうしてもアタリが欲しくなってラインを張ってしまいがちです。

今時のロッドならラインスラッグがダルダルでも手元にアタリが出ますので安心してラインスラッグを出して下さい!!

 

糸の重さで引っ張る

じゃ、どうやって引っ張るのか?と言いますと、ラインの重さでリグを引っ張ってきます。フロロ14lb程度を使って入れば、ラインの重さを感じやすいと思います。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012221822j:plain


 

コツはゆっくり引っ張ることと、ティップから水面までのラインを一直線にせず、少しU字に垂れ下がる程度の強さで引っ張る事です。

こうする事でティップでラインの重さを感じることが出来ると思います。

ラインの重さを感じながらラインの重さでリグを引っ張ってきます。ラインメンディングがしっかり出来て入ればリグが動いたのをラインが教えてくれます。

 

何度も言いますが、キモは引っ張り過ぎない事です。

 

 

まとめ

今回はズル引きの時に大切にしている事をまとめて見ました。

1 ラインメンディングが出来ていないと何をしてるかわかりません。

2 着底までどうフォールさせるか考えてからキャストします。

3 バイトを捕るために、ラインをよく観察します。

4 引っ張り過ぎに注意!

 

ラバージグのヘッド形状による使い分けも一緒に目を通して頂くと、より理解が深まるかと思います。

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

ザックリまとめるとこんな感じです。

 

書き切れていない事があると思いますので、現場で感じる事があれば書き出していきます。追加があればTwitterでご報告致しますので、また読んで頂けると幸いです!

 

 

それでは次の報告ではロッド裁きについてまとめて行きますのでよろしくお願い致します!

ではではー

 

 

キャスティングによるジグ・テキで魚を捕る最初の1歩目

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

前回の研究報告では、ザックリとラバージグのヘッド形状についてまとめてみました。今回は、題名からもわかるかと思いますが、キャスティングである程度遠くに投げて探ってくるようなジグ・テキサスの基本的な使い方のコツをご紹介します。

 

ピッチング・フリッピングで近距離を釣る釣りではありません。

キャスティングでボトムの様子を探りながらある程度広範囲のエリアをサーチする使い方です。

f:id:wwwyoyoyowww:20171002191008j:plain

つまり、ズル引きです。

そんなん知ってるよという方は読み飛ばして頂いてオッケーです!

しかし、基本とはなかなか奥が深いものでして…

 

今時、いろいろな釣り方があり、ネットで調べれば星の数ほど見つかるルアーやメソッド。その中であえて今更ズル引きを真剣にやってるアングラーっていますかね?笑

YoU太郎はズル引き、大好きですよ!

 

今一度見つめ直している方も是非、見ていただけたら幸いです。

 

もくじ

キャスティングでのジグ・テキ

どんなところで使うのか?

オカッパリから初場所で使う場合は魚探代わりに水深を測ったり、地形変化の位置を探ったりします。

当然、ヘビキャロでやる方が効率がいいですし、ヘビダンの方がリアクション&食わせの間も入れられるので釣れるギミックが多いでしょう。

 

あえて、ジグ・テキでやるからにはそれなりにメリットがないとダメですよね?!

キャロとヘビダンに比べてリグるのが簡単です。それだけではだめですか?笑

一応、YoU太郎が考えるメリットを上げていきます。

 

ジグのメリット

基本的にオカッパリからならアーキーヘッドジグが使いやすいと思います。

ボートでディープならフットボールですね!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

ジグを使うメリットはフッキング率がいいですし、長いリーダーが無いのでキャスティングもしやすいです。

あと、そこまで広くないフィールドであれば、キャロを結んでいくよりも丁寧にいろいろな角度からピンスポットにあればジグを通して言った方がいいかと思います。

 

ジグを使う場合はとにかくステイする時間を大事にして下さい。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171012221028j:plain

まず、足元でラバーの開き具合を確認しておきます。

何秒くらいでフワッと開ききるのか?ラバーが開ききって、ラバーがユラユラしてるのを自分の目で見て遠くの水中にあるジグのイメージが出来るようにして下さい。

 

ヘッドの重さは5g〜7gと軽めの方が根掛りにくいですが、ボトムを取りにくいです。

 

テキサスのメリット

これはもう言わなくてもわかると思いますが、引っかからないことですね!探るボトムに何が沈んでるかわからない場合はとりあえずこちらを選びます。

 

もしくは、沈んでる物が複雑な物だったり、引っかかりやすいとわかってるならテキサスです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171002191853j:plain


 

オカッパリから根掛りがが心配な場合はフックサイズを1つ小さくしてもいいかと!

オススメのシンカーは3.5g〜〜5gくらいのバレットシンカー。

ボトムを取れないなら重くしていきます。

また、キャスティングしにくくてもシンカーを重くしていきます。

 

シンカーの重さはボトムに何が沈んでるかでこまめに調整していきます。

ウィードフラットでも上記のようなシンカーが良いです。あまり思いとウィードに突っ込んで遠くからでは外せなくなってしまいます。

 

そして、テキサスでやる最もメリットと感じるのは、シンカーをペグ止めせずにフリーにできる事です。

少しの起伏でもシンカーが先に落ち、ワームが後を追うようにノーシンカー状態を作れます。

なので、こちらも足元でノーシンカー状態のワーム単体でのファールする様子やどれくらいのスピードでフォールするのか確認しておいてください。

 

また、アーキーヘッド同様にリグり直さなくてもカバーを当てるお手軽もあります。笑  ズボラなYoU太郎はテキサスする事が多いのはこの理由です…

 

キャロ・ヘビダンを選ぶ理由

では、キャロやヘビダンは結ぶのに面倒なだけのリグなのか?

そうではありません。これらにはとても釣れるギミックがあります。

 

キャロの時

非常に広範囲にわたるブレイクラインを探って行かなければいけない時、遠投してズルズルしていきます。

リーダーが長い分、ノーシンカー状態を作れてスピーディに広範囲を探れ、かつ非常にナチュラルな食わせ能力があります。

広範囲をスピーディにカバーするノーシンカーという感じです。

ドライブスティックやデスアダーのようなワームならキレイなダートアクションも出せますので、深場でノーシンカーの誘いを入れたいならこれです。

 

ヘビダンの時

狭いピンでの食わせ能力でこれを上回るリグはなかなか無いでしょう。

竿を縦にしゃくり、リアクション気味に線で探ることもできますが、雑になるのでやはやこのリグが活躍するのは狭いエリアの攻略です。

 

リーダーの長さ分ノーシンカー状態を作れますし、シンカーの着底までは非常にスピードのある誘いが出来ます。

 

シンカー着底からのノーシンカー状態を大切に使う時。

あまり移動させずにこのリアクション効果を何度も何度もピンでやる事が出来ます。

 

そういった魚のやる気が無い状況ならこちらです。

 

つまり、応用です。

これらはズルズルズル引きでも使えます。

しかし、それ以外でも魚に口を使わせる要素がたくさんあります。

その要素を使い切るためにもズル引きをマスターする必要があります。

面倒な結びを3回もやらなければならないこれらのリグを使い切るにはズル引きが出来ないと効果の半分も出しきれません。

 

それなら、もっとお手軽なジグ・テキでズル引きをマスターしましょうよ!という事です(*´ω`*)

 

まとめ

今回は短いですが、小分けにして報告書を作成します。

キャスティングでのジグ・テキサスをマスターする事はバス釣りの基本であるズル引きをマスターする事だと思ってます。

f:id:wwwyoyoyowww:20170520225615j:plain


 

このご時世、ズル引きを真剣にやってるアングラーって少ないです。でも、雑誌やネットを鵜呑みにして出来た気になってる友達に差を付けるために、地味ですがマスターしてみる価値はあるかと思います!笑(動機が不純ですね…)

 

YoU太郎もこれが出来るようになった事で簡単に魚が釣れるようになりました。

YoU太郎の釣り初心者な友達達もこれが出来るようになってからいとも簡単に魚を釣る事が出来るようになってます。

上手にジグとテキサスを使い分けて、マスターしていきましょう。

 

 

それでは、この研究報告書の続編まで!

ではではー

 

 

 

アイの角度とヘッド形状でラバージグの性格を見極める

コンニチハ!

研究所のYoU太郎です。

 

今回の研究報告はラバージグの使い分けについてです。

まずラバージグってスピナーベイトに次いで釣れなさそうなルアーだと思います。バス用ルアーの中でも釣ったことが無いランキングNo.1なんじゃないかと思ってます。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012220253j:plain

 

しかし、実際はトーナメントでウイニングルアーにだってなってるし、YoU太郎的には『簡単に』デカバスを騙せるランキングNo.1のルアーだと思ってます。

 

そこで、今回はラバージグの使い分けに関する研究報告をしたいと思います。

 

ヘッド形状で使い分ける

まず、ラバージグを選ぶ時に気にするべき事は、ヘッドの重量と形状とアイとラバーです。

まずは形状によってどうジグの性格がどう変わるかを知ることです。

メーカー各社から様々な形状のラバージグが発売されています。同じジャンルのヘッド形状でも、メーカーによって微妙に特徴をだしています。

デプスはやはりデカバスハントメーカーだけあってかなりのラインナップがありますよね♪

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

今回は、そこまで踏み込まず、ざっくりとしたラバージグのヘッド形状とその特徴を見ていきましょう!

 

フットボールジグ

まずは、みんな大好きなフットボール形状のジグです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012220326j:plain

ヘッドがアメフトのボールのような横長の形をしています。

90度前後の深い角度のアイが着いていて、ショートシャンクのフィネスジグ系のものやロングシャンクのスイミングジグ系のものが多いです。

 

フットボールタイプのヘッドの特徴

○フォール姿勢が安定していること。

まっすぐフォールし、基本的にスライドフォールやスパイラルフォールはしません。ちなみに、スイミングでの姿勢も良いため、シャッドテールと合わせて巻きラバのような使い方をします。

スイミングでの釣りに関してはこれまた奥が深いのでまた別の機会に触れましょう(゚∀゚)

 

○着底姿勢が安定していること。

ボトムで横倒れになったりしないので、フックポイントが常に上を向いた状態で着低します。着底からフワッと倒れ込むので、フォールでバイトが無くても着底後も気を抜かないで下さい。

 

○ボトム感知が敏感になる

ちょっとしたボトムの変化にも一瞬突っかかるように這ってきます。しかし、言い方を変えればスタックしやすいですので、根掛かりが多ければヘッドを軽いものに変えるか、形状を見直しましょう。

 

○移動距離を押さえたアクションになりやすい。

横幅のある安定性の高いヘッドと90度アイから移動距離を押さえたアクションになりやすく、慣れればジグをその場から動かさず、ワームだけ立たせるような超フィネスアクションも可能です。

(この起き上がりアクションは、デプスのヘッドロックジグがやりやすいですが、こういう突っ込んだ事はまた別の機会に研究報告させていただきます。)

 

○すっぽ抜けないフッキング性能

これはテキサスリグとジグの大きな違いの一つですが、フッキング性能が抜群です。

特にフットボールジグはフックポイントが常に上にありますし、ショートシャンクのものに小さめのトレーラーを合わせてき、魚の口の中に入りやすくしてあげれば間違いなくすっぽ抜けずにガッチリフッキングします。

 

フットボールの出時き

以上の特徴を踏まえて、フットボールジグの使いどころをあげると、

ディープのフラットを探るときが主な出し時です。

真っ直ぐ狙ったところにフォールするし、着低姿勢が安定しているので横倒れしてフックが刺さって根掛かりということもありません。

また、少しの地形変化も分かりやすいので何やってるかわからなくなりがちのディープフラットのボトムゲームで活躍します。

移動距離を抑えたメリハリの効いたアクションや、起き上がりアクションみたいな大人しく誘うアクションが出しやすい事から、寒くなっていくこれからの時期に活躍してくれると思います。

魚が着いている場所がわかっているなら投入して放置したり、小さいロッドアクションで移動させずに起き上がりアクションで誘ってみたりいろんなことを試してみてください。

 

また、ディープフラットだけでなく、スタックしやすい特徴を利用して、流れの早いシャローで流されずにボトムにステイさせるような時にも使います。

オススメのフットボールジグ

今回はスペシャルなフットボールジグではなく、オールマイティに使えるフットボールジグを紹介します。

 

まず、OSPより03ハンツです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012220425j:plain

フットボールらしくもガードがついていて、引っ掛かり感もフットボールジグのなかでは比較的小さく、この手の釣り方にマッチしてます。

ガードのおかげで極簡単なカバーならロッドを持ち替えるのが面倒で、こいつを投入したりと、非常にオールマイティに使えます。

アイがヘッドの後方から出てきており、かなり低重心で安定感があるので起き上がりアクションも出しやすいです。

 

 

 

もう少しフットボールの特徴が強いのがジャクソンのエッグボールジグです。14lbで15mのディープゲームが成り立ちます。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012220703j:plain

ハンツでも成り立ちます。が、同じくガードがついていますし、アイの角度も浅く、すり抜けもいいです。使用感的には、ディープでの使用ではラインメンディングができていればエッグボールジグの方がやりやすいと感じてます。メンディングができていないと何を使っても同じですが、エッグボールジグの方がヘッドの横幅が広く着底感がしっかりしてます。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012220837j:plain

しかし、裏を返せば、しっかりメンディングしてあげないとボトムを感じずいつのまにか根掛かりしているのもこちらの方が多いです。笑

 

 

 

そして元祖キャリラバ。フットボールとしての完成度は完璧です。ショートシャンクのフックにより小さいワームとのマッチングが絶妙で、さらにポイントが絶妙に外を向いています。なので初期掛かりがとにかく速く、フッキング性能は抜群に良いです。

ガードが無いのでしっかりラインメンディングができ、丁寧にロッドの操作ができる方が使えば確実なフックアップが活かされる究極のフットボールジグです。

 

 

沢山種類を増やす必要はないと思います。手に入りやすい物の中から数種類の重さのものを選んでください。

この重さだけでいいやということはなく、沢山の重量バリエーションがあった方が様々な状況に対応できるかと思います。

 

フットボールジグの注意点

もう一度書きますが、フットボールはボトムの些細な変化も分かりやすいですが、根掛かりしやすいです。

なので、ディープフラットや急深バンクを浅い側から深い側に探りながら落とし込んでいくようなボートの釣りで活躍することが多いと思います。

 

もし、根掛かりが頻発するようなら、ヘッドを軽いものに変えるのが手っ取り早いです。逆にボトムが感じられなければラインメンディングをしっかりするのと、ヘッドを重くしてみてください。

 

アーキーヘッドジグ

 次にアーキーヘッドジグです。

フットボールがボトムを釣るジグなら、こちらはカバーを釣るジグです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171007144844j:plain

スリムで先端が尖ったヘッド形状と、浅い角度で飛び出しているアイの効果ですり抜け性能が抜群です。

 

アーキーヘッドジグの特徴

 ○艶かしいスライドフォール

合わせるトレーラーによりますが、キレイにスライドフォールします。ほんの少しの水深でもつんのめるようにスライドするので、イレギュラーな誘いができます。

 

○カバーを攻めるすり抜け性能

 ヘッドの形状はスリムで先端が尖ったものが多いです。また、アイの角度を見比べた時、浅い角度で入っているものほど引っ掛かりにくくカバーでのすり抜け性能が高いです。

 

○ヘビーカバー対応型ビッグベイト

大型のフックが着いている場合が多く、なかには#4/0の平打ちフックが着いていたりします。5inch以上のトレーラーを会わせればサイズ感的にはビッグベイトです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171007144711j:plain

さらに強靭なブラシガードがついていればヘビーカバー対応型のビッグベイトのようなものです。

(すみません、写真のものは手が片方無いですがビッグエスケープツインです。こう言う大型のワームをトレーラーにする事で全長20cm弱になるので、ボリューム的にはビッグベイトとなんら変わりません。ジョイクロを普通に投げられる気持ちがあるならこちらも余裕なはずです!笑)

 

アーキーヘッドの出時き

主にカバーへのアプローチがメインです。

すり抜けがよく、ブラシガードでフックを守りながら僅な段差でスライドし、リアクションで口を使わせるイメージで使うと釣果に直結すると思います。

 

また、アーキーヘッドジグはオールマイティな使い方ができます。

ディープフラットの攻略ではフットボールジグに分がある思いますが、オカッパリで遠投して遠くのボトムを探るような釣りではアーキーヘッドタイプの方が使いやすいです。フットボールでは根掛りしまくって釣りにならないです。

テキサスよりも底を取りやすく、フットボールよりも根がからない。

特にアイが高いポジションに着いているもの、アーキーヘッドでも幅が若干広いコブラタイプのものが適していますが、普通のアーキーヘッドジグで十分です...笑

 

普段行くフィールドで何が使いやすいかいろいろ試して見てください!

 

オススメのアーキーヘッドジグ

攻めるカバーによって特化型ジグもありますが、まずはオールマイティに使いやすいものを選んで、重量のバリエーションを揃えた方がいろいろな状況に合わせられると思います。

 

まずは、OSP 01ジグです。このメーカーは手に入りやすいし簡単に廃盤にしないし消費者に良心的でしっかりしたものづくりをされてる印象ですね。もちろんジグも例外ではなく、横アイハイポジションですり抜けを良くし、スリムなヘッドとガードで根掛かりもしにくいです。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171012221028j:plain

 

フックもフィナ製でしょうか?平打ちの鋭い丈夫なものが着いていますので信頼性がかなり高いです。

 

 もうひとつはノリーズのガンタージグです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012221146j:plain

 ガンタージグの完成度は非常に高いく、私が説明する必要なんかないほど昔から現在に至るまで売れ続けてるロングセラー品です。

ヘッド形状とアイポジションからくるシャローカバーでの抜群のカバーすり抜け性能。

なにより、ワイドゲイプな平打ちの超強力な#4/0フックにボリュームと満点の張りの強いラバーです。

f:id:wwwyoyoyowww:20171012221213j:plain

非常にゆっくりなフォールで見せることができ、シャローでの使用感は完璧です。

写真左のガンタージグは写真右の01ジグに比べて不透明でしっかりした硬さのラバーが巻かれています。01ジグは発色のいい水中でフワッと開くラバーです。

サンデーアングラーの私的にはどちらがいいとは言い切れるほど探求できませんが、カバーの中や濁った中で釣らないといけないならガンタージグかなと思ってます。

逆にクリアでカバーも薄ければ01ジグですかね?

ラバーは好みで巻き換えられますし、ジグを選ぶ時の重要度はあまり高くないかもしれません。

 

 

 

 

ガンタージグの唯一の欠点はあまり流通が安定しておらず、メーカーの出荷情報やショップの入荷情報を見て、買える状態になったら大人買いすると言うようなスタイルで運用しなければならない事です。

初めてジグを手にするとか、そう言う点から見ると01ジグに軍配があがるのかなと思ってます。

 

揃えるべきヘッド重量は?

普通サイズのラバージグは1/8oz~3/4oz程度のラインナップで販売されていると思います。

基本となるヘッドの重さですが、ご自身の行かれるフィールドがシャローメインなのか、ディープメインなのかで変わってきます。

 

 

例えば、オカッパリでリザーバー型の急深エリアで使用するなら、1/4oz~1/2ozを基準に選ばれたらいいかと思います。

まず、3/8ozで試してみて、根掛かりが頻発するようなら軽くします。

ボトムがとれなければ重くします。

もしくはラインを細くしてもボトムをとりやすくなりますが、オカッパリではラインを太くしておいた方がいいと思います。

 

また、川などで流れがキツく、ボトムに留めておけずに流れてしまうようなら重くしたり、フットボールジグにしてみたり、いろいろ試してみるのも面白いと思います。

 

トレーラーでもかなり変わりますが、これはまた別の機会にしましょう(゚∀゚)

 

ラバージグで釣るコツ

ラバージグで魚を釣る時にまず考えなければならないことは、ゆっくりさそってあげることです。

釣れなかったり、自信がなかったりすると早く引っ張りがちになります。すると、ラインテンションが常に張っている状態になるので、バスが吸い込みにくくなってしまうし、なにより不自然な動きになってしまいます。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20171012221822j:plain

しっかりラインスラッグをとってあげて、止めをしっかりつくってあげることでラバーが広がり、僅な湖流でゆらゆら動き、ワームの存在をぼやかして騙しやすくしてくれます。

トンボがロッドに安心して休めるくらい優しくゆっくり丁寧に!

 

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

ジグはリアクションや!とジグ番長さんに言われそうですが、基本はゆっくり。

スピードと効率を上げるのは慣れてから!です!

 

アタリの取り方

ラインスラッグがダラダラではアタリがでないんじゃないの?と心配される方もいらっしゃるかと思いますが、現在の高弾性カーボンロッドを使用していれば、僅なラインの変化も手元に伝えてくれます。

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

しっかりラインスラッグを作ってあげてる状態から、誘いのアクションの動かし始めにゆーっくりラインを引っ張り張らず緩めずの状態をつくると、魚がジグを食っていれば違和感があったり、プンプンと魚からの反応があります。

このラインスラッグから張らず緩めずの状態をつくって魚からの反応を探る事を『聞く』と言います。

 

コツはグリップを握ってる掌にあまり力を入れない事でしょうか?

ヒヨコさんなハムスターを持ってるくらいの力の抜き具合でやるのがいいですね!

いろんな意味で左手で操作するくらいがちょうどいいっす。

 

しっかりロッドティップに聞いて、それでからアクションをかける。

最初はかなり時間のかかる作業で雑になりがちですが、テキサスリグやダウンショットなどでボトムをとる釣り全ての基本となりますので、ぜひマスターしたいですね!

 

慣れればスピードも上がってきますし、一度魚から反応があればだんだんわかってきます。

ラバージグの使い分けを楽しみなが、練習してみてください!

 

それでは次回の研究報告まで!

ではではー