YoU太郎のバス釣り研究所

YoU太郎のバス釣り研究所

どうすればブラックバスは釣れるのか?そんな道楽探求とタックルインプレのブログです。

9月10日 修行川釣行

コンニチハ!

研究所のYmu太郎です。

 

本日は嫁が美容院へ行って参るとの事でしたので時間を頂き、いつも修行をする時に行く川へ行く事ができました!

いや、1番行きやすいので手軽に修行するために行ってるんですけどね…笑

 

 

0歳の息子を実家で寝かしつけてメロメロになってるばぁーばに預け、少しだけ状況チェック!

 

水温は24.0〜24.5度でした。

まずはシャッドで流しますが、シャッドに反応してくれる感じではありませんでした。

 

f:id:wwwyoyoyowww:20170824215938j:plain

ただ、ベビーシャッドFCのボトムクロールでアタリっぽいのがあったので魚の目線の上か下かと言ったら下かなと予想し、ボトムを狙いに変えます。

手持ちのタックルも、シャッド用スピニングとベイトフィネスロッドしか無いのでライトリグでボトムを探っていく事に…

 

手にしたのは直リグです。

ドライブクロー3inchに3.5g自作直リグです。

放置するので自発的に誘ってくれるドライブクローを選びました。

あまりボトムから離したくないのと、一瞬の自然な漂いが生まれるので直リグという選択です。

 

 

直リグに変えて2投目でラインが走りました。

狙いはホームレスの家が流れ着いて岬状になっているブッシュ。

通称『ハウス』です…

 

 

着底後の放置で口を使った感じです。

放置しないと食わないほど低活性というわけではなく、動きが遅いヨシノボリに合わせてゆっくりした誘いにするための放置です。

水温的にも水質的にも活性が落ちるような要素はあまりありません。

タイミング次第で魚のやる気の問題です。

 

ただ、めちゃくちゃ透明度の高い川なので、魚に見せて騙すにはシャッドよりもワームの方が有効かなと!

 

魚はジャスト40センチのナイスなスモールちゃんです!

f:id:wwwyoyoyowww:20170912161229j:plain



なぜ、ボトムだったのか?

これは、YoU太郎の憶測ですが、この川はお盆明けくらいからメインとなるベイトが小魚系からヨシノボリやザリガニ系のボトムを這うようなものに変わってきます。

 

 

釣りをしていて足元にちょこちょこっとかわいいつぶらな瞳のヨシノボリちゃんが泳いでくるのが幾たび見られました。

 

激しくボイルしているのが小さいサイズのスモールばかりで大きいのはこのタイミングで食べてないのか、水面まで追い詰めなくても食べられる物を食べてるのか?

そんな事を考えながらたどり着いたボトムの釣りでした。

川の流れが当たる岬状のハウス裏の淀んだほんの少しのスペースにあまり泳ぎが得意でなさそうなベイトも集まってたことでしょう。

 

2匹目は25cmの小さいスモールですが、やはりこのくらいの大きさになるとヨシノボリを食べてるようですね。

 

さぁ、パターンも掴めてきたところでもう5匹くらい遊んでもらおうと思いましたが、息子が起きた連絡が入ったので急いで撤収(o^^o)

 

悔やまれるのは、同じボトムのパターンをシャッドでやりきったらどうなのかを試したかった…

やはり、見せて騙すにはシャッドだとダメだったのか?

時間が欲しい(´・_・`)

なかなか釣りに行かないと下手になりますね…

 

 

しかし、釣果も上がり楽しい一日でした!

 

タックル

リール:アルデバランBFS KTF

ロッド:ST640M-Ft 

ライン:フロロ6lb

ルアー:3.5g直リグ ドライブクロー3

フック:インフィニ#1

 

溺愛中のこのロッドは過去にインプレッションしてます。

このソリッドの張り感とリグの着底感が絶妙で、丁寧なズル引きが必要とされた今回のような状況ではドンピシャでした!

 

wwwyoyoyowww.hatenablog.com

 

ぜひ、インプレッションもご覧下さい。

 

たまには釣行記も残していきたいと思います! 

それでは次回の研究報告まで!

ではではー